海外留学のメリット

「留学なんてしても意味がない!」「英語を話せるようになるなら日本で英語を勉強しても同じじゃないか?」と言っている人はいつの時代でもいます。私の周りにもいます。英語習得だけなら間違いではないなと思います。

しかし留学とは、なにも英語だけ学びに行くだけではありません(英語の習得も一つの大きな利点ですが)。たくさんの刺激的な経験がありました。これは経験したから言えるのであって、自分も留学前は具体的なメリットをイメージ出来ていませんでした。

海外留学のメリットを理解する一番手っ取り早い方法は「海外留学を経験した人は、留学をすることで何を得たのか」ということを事実をもとに追っていくことです。たくさんの経験談を教えてもらえば、おのずとメリットも浮かび上がってくるはずです。

もちろん、海外留学をした人によって留学の目的やなぜ留学を選択したのかという理由はバラバラです。それでも、より多くのメリットを知りたいと思うなら、やっぱりできるだけ多くの留学経験者に色んなパターンで実体験を聞いてみるといいでしょう。

今回はインターネットや書籍などでよく書かれている「海外留学のメリット」についての率直な話を、海外留学経験者の観点からさせてもらおうと思います!

語学力のメリット

海外留学する目的として最も多いのは「語学力を身につけるため」というものです。私たちは「海外留学=他言語を習得できる」といった安直なイメージを抱きがちですが、果たして本当に留学するだけで語学力は身につくのでしょうか?

答えは他のサイトでも言われている通り、やはりNOだと思います。

語学力が身につく人は、日本にいる間にしっかりと準備をしてきた人です。実際、留学をするといっても、ゼロからの状態で毎日を過ごすところからの人と、日常会話程度は話せるようになっている人とではスタート地点から違います。

準備も無しですぐに話せるようになるなんてことは、ほとんどあり得ません。周囲に打ち解ける努力や自分で学ぼうとする姿勢なくして、語学力というメリットは享受できないでしょう。留学で語学力を身につけた人は、皆さん例外なく努力をして結果を出した人です。

例えばよくある話として、留学先で日常的に日本人と長い時間を過ごしている人は、間違いなく語学力を身につけることはできません。日本人と一緒にいて、英語などの他言語で会話することなどゼロに等しいでしょう。

語学力は、耳で聞いて、自分の口から出してこそ身につけることができるものです。「恥ずかしい」と思っていては、何のメリットも得ることはできません。

今はどこの国に行こうにもまずは英語で会話をはかろうとする人が多いです。英語は世界で一番多くの国で使われている「世界共通」と言っても過言ではない言語です。たとえその国の言語がしゃべれなくても、英語が堪能だったために意思の疎通ができたことが何回もあります。つまり英語ができると、どこの国に行っても最低限の会話ができます。これはかなり大きなメリットです。

文化体験のメリット

世界には、日本とは違った多くの国があり、それらの国の一つひとつに日本とは違う人が違う文化の中生活しています。

留学のメリットの一つとされる「文化に触れる」というメリットは、留学経験者の多くが真実として語っています。例えば、国や言語に限らず、食べ物や建物、習慣や文化、国民性や流行などなど。生活の全てが日本とは違います。違いを肌で感じることで「この国の文化は素晴らしい」と感じることもあるでしょうし、また「日本の文化の素晴らしさ」を改めて実感することにもなるでしょう。

日本にいてはできない、また海外旅行だと時間的に吸収できない、実生活の中での他国の文化に触れることは、海外留学をすることの大きなメリットです。これは将来の考え方や進路にも直結します。私もそのメリットを享受したひとりです。

グローバルスタンダード習得のメリット

一言で言うなれば、海外留学とは「異文化を学ぶ」ものです。もっとカッコよく言えば「グローバルスタンダード」の習得ですかね。このグローバルスタンダードの習得には、いろいろな経験をする必要があります。外国人と同じ職場で働いたり、同じ家で生活したり、同じ学校で勉強したり。これらは日本国内にいては簡単には経験できないような事です。

日本で生活していると、ついつい周囲の人に頼ってしまいがちです。しかし、留学生活ではそうはいきません。特に、留学生が少ない国や都市への留学を選択した場合、現地の人々は留学生への対応に慣れていません。困っていたら教えてもらえるほど甘くはないのです。

そもそも、世界の多くの国では「自分のことは自分でする」ということは一種のルールです。留学することで、自分のことを自分でする(by myself)は生きるための基本だと気づくことになるでしょう。生きるための強さを得ることも、留学のメリットと言えます。

自立のメリット

留学で有名なオーストラリやカナダやニュージーランドなどに行くと、自分の意見をしっかり言えるようにならないと住みにくいという問題が起こります。

例えば、ホームスティでの食事などは、何が食べられて何が食べられないのか(個人的にもはじめてのホームスティではパクチーが食べられない事をはっきり言えないで散々な目に会いました)などを、はっきり伝えておかないと楽しい晩御飯にはなりませんし、語学学校では自分の意見を英語で言えないと友達もできません。また、職場でははっきりYESとNOが言えないと、嫌な事はすべてあなたの仕事になってしまいます。YESとNOをきちんと言えるようになる。人間的にも大きな成長です。

日本は、自分の意見をあまりベラベラひけらかしません。しかし、それがデメリットになっていることもあると感じませんか?ビジネスの現場や、友人関係などでです。

欧米のように思ったことを何でもかんでも口に出してアピールするのがいいと言っているわけではありませんが、対人においては特に奥ゆかしさを持つ日本人文化と、自分の意見をしっかり持ち、それを主張する欧米人文化の「ハイブリッド」を目指しましょう。

友人のメリット

海外の友達をつくるには、英語が完璧に喋れないとなかなか難しいと考えている人が多いですが、実際の話、高校生くらいまでの英語で何の問題もなく仲良くなれます。そして意外な事に、日本人の友達よりも外国人の友達の方が、友達として付き合うのが楽だなあと思うようになるかもしれません。実際そのように思う日本人も多いです(私もそのひとりかなと感じています)。

お互いのバックグラウンドが違うので隠し事をない、素の付き合いができているから楽なんだと感じています。

海外に友人を作るのは、とても大きなメリットです。今ではSNSも当たり前ですから、留学から戻ったらそれっきりなんてこともありません。どんな人であれ、他人との交流は自分を大きく成長させますが、相手が外国人ならなおさらです。

思いもよらないイレギュラーが、コミュニケーションの中にどんどん生まれることほどエキサイティングなことはありませんよ!留学生同士で繋がるのもいいですが、やっぱりその国の現地の方々とたくさん会話して下さい。とてつもなくハートを鍛えられます!

キャリアアップのメリット

一般によく言われている事ですが、英語が喋れる人と喋れない人では生涯の年収が違うという話があります。この話の真実は毎日新聞を読んでいれば明らかです。日本の大手の会社もある一定のTOEICの点数がないと、役員はおろか課長にも昇進できないなどの会社は実際に国内にいくつもあるようです。

どこの国で仕事をするにしても、キャリアの構築と英語力というのは強い関係にあることは間違いありません。

以下はハイクラス向け転職サイトからの抜粋です。

年齢 英語力 なし 一般会話 レベル
(TOEIC 500)
ビジネス レベル
(TOEIC 720)
ネイティブ
(TOEIC 900)
30歳 900万円 950万円 1050万円 1150万円
35歳 950万円 950万円 1100万円 1300万円
40歳 900万円 1100万円 1200万円 1500万円
45歳 900万円 1100万円 1300万円 1600万円

ハイクラス向けの年収ですので給料もかなり高めになっていますが英語と年収の相関性がはっきり見て取れます。すでに英語が話せることがメリットなのではなく、話せないことがとんでもないデメリットという認識に変わってきているのではないでしょうか?

海外留学留学のメリットをもう一度考えよう

留学に行く前に、そのメリットや、自分が得るべきこと、するべき経験をあらかじめシミュレーションすることは必要不可欠です。たとえ他の人と自分との留学目的が違っていたとしても、自分にとってのメリットを考えることで、留学に対する「新たな気づき」となることもあるでしょう。そしてその「気づき」を基に行動していれば、あなたの夢がブレることもありません。失敗する確率もぐんと下がるでしょう。

あなたが留学で得たいもの、経験したいことはなんですか?もう一度考えてはいかがでしょうか。