マルタ留学をご紹介の前に

実際にマルタに行ったカウンセラーが教える、ここなら間違いないマルタ語学学校3選

つい最近びっくりしたのが、地中海の島国であるマルタ共和国・有数の観光名所のひとつ「アズールウィンドウ(Azure Window)」が3月8日、強風と高波によって崩壊してしまった、というニュース。

石灰岩石による自然のアーチであるアズール・ウィンドウは、マルタ第二の島ゴゾ島の象徴だったこともあり、マルタ国の首相も「胸が張り裂けそう」と悲痛なコメントをしたそうです。

ちなみに私は以前マルタ出張の際に行った際に、アズールウィンドウをバックに写真を撮ってもらったことがあります。ただとにかくハンパない強風で(この風と強波で長い年月かけてアーチが形成されたのだろうなと推察)、私の写真もせっかくのマッシュカットの髪型がめちゃくちゃで非常にカッコ悪いので誰にも見せたくない...こんな次第です。

もともと英語の留学先として人気が高かったマルタ

日本人にとってマルタ共和国が「英語の語学留学先」として認知され始めたのはここ数年の事。けれど、もともとヨーロッパ圏の人々にとっては夏季の主要なリゾート先であるマルタは語学留学先としての需要も高かったのです。

マルタにある語学学校はその多くがマルタ島のセントジュリアンズ、スリーマ周辺にあり、学校の数も大小合わせるとなんと30、40校もあるとか。

そんな語学留学先として人気の高いマルタですが、おすすめの留学の内容としては

  • 日本人の少ない環境での総合的な語学力の強化
  • ビジネス英語の習得
  • マルタの美しさを堪能できる語学+アクティビティ

留学の期間としては2、3週間から3か月間ぐらいが多いです。

マルタ留学についてのよくある疑問にお答えします

公用語はマルタ語と英語

公用語が2つもあるなんて聞くと戸惑う人もいるかもしれません。ただ生活圏である街の大体の人は英語が話せますし特に問題はないでしょう。

また他にもイタリア語が通じることもあり、現地のスーパーマーケットで売られているイタリアの食材説明書きがイタリア語ということもしばしば。ただまあそういう商品で英語でメモがついていたりすることもありますし、きっと気にならないかと思います。

治安は結構良い

同じ南ヨーロッパであるイタリアやスペインから連想して治安悪そう、と思われるかもしれませんがマルタはこのあたりの国と比べますと治安が良い国として知られています(もちろん油断は禁物ですが)。

夜も女性一人で街中歩けたりするとか。もっとも気になるのが日本と比べると街灯が少ないこと。けっこう真っ暗な場所もあったりして歩いているとちょっと気味悪いなと感じたり、あと「犬の落とし物」がわりとあるので踏んでしまわないように気を付けなければなりません...。

人は基本的に素朴でフレンドリー

マルタの主要産業はやっぱり観光。年間で人口の約3倍の渡航者が訪れるといいます(マルタの人口40万人、海外からの年間渡航者数は約120万人!)。マルタの人々はそれが分かっているので外国人に対して基本的にはウェルカムといえます。

またマルタ人は熱く、親切で家庭的とも言われていて、私も短い滞在の中でそれを感じたこともありました。

実際に見てきたカウンセラーだから分かるマルタのお勧め語学学校3選

数多くある語学学校の中でもポイントにしたのはこの3点です。

  • プログラムや設備の整った大規模校
  • ロケーションが良い
  • 日本人スタッフがいる

なんだかんだ言って外国人に比べると設備サービス面や環境にうるさい日本人。いかにもローカルで小規模な学校では、ヨーロッパ人には合っていても日本人には合わない面がいくつかあり、実際のところあまり満足度が高くありません。

今回ご紹介する語学学校なら概ね気持ちよく留学生活を送れるはずです。

① EC Englishマルタ校

EC English Language Centres Logo

マルタで発祥したECは現在では世界5か国21校の校舎を展開しています。最新の校内設備のなかで提供されるレッスンのほか、無料英語授業に長期学生へのチュートリアル、そして30歳以上の学生を対象としたプログラムなど、あらゆるタイプの学生ニーズに対応したプログラムやサービスがポイントです。

校舎があるのは賑やかなセントジュリアンズでバス停や飲食店等も近い便利な場所。全教室に設置された電子ホワイトボードや学生ラウンジ、屋内カフェなども便利。

もっともマルタにある語学学校の中では日本人学生の割合が多いのですが、それでも年間平均の日本人割合は9%ですからそれほどでも無いかと。あまり日本人が少なくてヨーロッパ人が多いのも何だか気後れする、または留学初心者といった方に向いている学校です。

② European School of English (ESE)

European School of English

そんなECと目と鼻の先のところに立地するのがESE。60以上の教室数を要する大規模校のひとつです。

こちらの学校も魅力はプログラムの種類の豊富さと、モダンで広々としてきれいな校内環境。ESEに通うなら、せっかくなので併設のSpeakeasyカフェを利用したり同じビルにあるレジデンスに宿泊したいところですね。

ESEがあるセントジュリアンズのパーチェビル地区はレストランや銀行、バー、ナイトクラブ、スーパーマーケットにも徒歩圏内でアクセスできます。

③ IELS(LALマルタ校)

こちらも世界的な語学学校グループであるLAL LANGUAGE CENTRESのマルタ校がIELSといいます。

この学校が立地するのがショッピング街であるスリーマ地区。いわゆる繁華街であるセントジュリアンズよりもう少し落ち着いた雰囲気がありますね。

海沿いに歩道があって美しい地中海を眺めながら歩くこともできますし(この時本当に地中海の海の色って綺麗だわ~と実感するはず)その海の先に臨めるバレッタの城砦都市の姿は感動ものです。学校は白と赤を基調とした明るい雰囲気の校舎内装が特徴でECやESEほど充実した設備、というほどでもないですが、清潔感がありリラックスできる雰囲気。

英語コースでは少人数制クラスやビジネス英語クラスも開講されています。こちらも隣接したレストランを利用できますし、徒歩5分くらいのところにある専用のレジデンスはまるでホテルみたい。ご紹介している学校の中では最も日本人学生率は低いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?セントジュリアンズとスリーマといってもバスなら10分程度、徒歩なら30分くらいの距離感です(実際に歩きました)。紺碧の地中海を見にマルタを語学留学先として選んでみませんか。

留学プランやお見積りのご依頼はこちらからどうぞ↓