皆さんは「留学の神様」について知っていますか?初めて聞く人も多いと思いますが、実は留学を長くしていると、ある人達には一定のタイミングで留学の神様が降りて来る事があります。

皆さん感じ方は違えど、留学を経験した人が聞くと、ああそうか!と納得する事が多くあります。留学を経験した人も、これから留学に行く人も、一度読んでみて下さい。

頑張っている人だけに留学の神様は降りて来る。

頑張った人にだけ

今回1番メインになるのが、留学中頑張っている人には神様が降りて来るという事です。

これは宗教や神話的な事ではなく、日本語を話さない環境に身を置き、日々の生活の中で一生懸命英語学習に取り組み、心から英語力を上げたいと思って留学をしている人が

「一定の英語力に達した時に、今までわからなかった英語が急にわかるようになる」

という事です。毎日の英語学習や留学生活で、伝えたい事を伝えられない苦しさや、聞き取れなくて悔しい思いを多くしている人が良く、

「あっ急にこの人の英語が聞き取れるようになった!」
「会話が前よりもスムーズに返せるようになった!」

と思う瞬間が突然あり、個人差はありますが1年間の留学で3回そのような事が急に起こった。という人も中にはいます。その為、いかに頑張り続けて、この「はっ」とする瞬間を感じ取れるかが留学の神様が降りて来るという事になります。

留学は英語環境に居続ける事が大事

英語環境に居続ける

そして留学中頑張る方法として、最も大事になるのが「英語環境に居続ける」事です。

語学留学やワーキングホリデーで、1年間などの長い留学ではいかに英語環境に身を置いて、英語を喋れるかが鍵となってきます。いやでも毎日英語を聞いて話していれば、自然と英語のレベルは高くなっていきます。

しかし、長い留学期間になると、多くの人が日本語の環境に身を置いてしまいがちです。せっかくの人生で一度しか無いような留学ですから、1日1日、1分1秒でも英語に触れていて欲しいのですが、やはり人間ですのでその異文化や日本と異なる環境が辛くなってしまう時があります。

そんな時に同じ境遇の日本人留学生と話をし、その時だけなら良いが、留学中その日本人と毎回会ってしまったり、一緒に暮らしてしまうと、海外にいて英語しか話せないはずが、日本語も耳に入って来るようになってしまいます。

そうなってしまうと英語が中々体の染み付かず、ずっと英語環境にいる人達と比べると、英語力の成長が留学が終わる頃には、天と地の差になってしまっている事も少なくありません。

その為、辛いですが留学中は1秒でも多く英語環境の中に入り、上手く伝わらなくても一生懸命英語を話すようにして下さい。そうすれば、留学の神様が降りてきて、「はっ」とする瞬間が味わえると思います。

出会いの神様

出会いの神様

そして最後に、留学中に最も楽しい物の一つはいろいろな人との出会いです。

日本にいたら出会っているはずの無かった全く違う国の人と出会い交流し、出会った人の中では掛け替えのない友人や将来のパートナーになる事もあります。お仕事をしている人は、その出会った方が理由で思い掛けないアイディアが浮かんだり、ビジネスの機会が生まれたりと一言では表せれないものになります。

留学の神様との出会いについてまとめ

上で紹介した様に、頑張っている人にはいろいろな出会いの中から、思いがけないチャンスときっかけになる様な事があるかもしれません。

多くの留学生は、留学の中で一人ひとり全く違う経験をし、全く違う価値観を得て帰って来る事になります。今回ここでは、留学の神様とご紹介しましたが、留学で頑張っている人にはここでは書ききれない程の素晴らしい経験を体験している人も多くいます。

これを読んで下さったそこのあなたも、一度留学の神様が舞い降りて来る体験をしてみて下さい。その瞬間を感じた時、あなたの留学は一つ成功したと言えるでしょう。