留学エージェントにおいて、「24時間緊急サポート」というサービスをよく耳にすることがあると思います。「24時間緊急サポート」とは、出発から帰国の日まで、24時間365日対応してくれる緊急時無料電話相談(日本語)です。

留学する際には心強いサポートかに思えますが、実際本当に必要なサービスなのでしょうか?高額な有料サポート費用を支払ってまで必要なサービスなのでしょうか?

留学サポートについて①;緊急事態って例えばどんなこと?

24時間緊急サポートは何か起こったときに安心で、留学未経験の方にとって心強いサービスです。しかし、皆さんは海外での緊急自体とはどのようなことを想定しますか?

例えば「盗難の被害に合った」「事故・犯罪に巻き込まれた」「飛行機に乗り遅れた」「ルームメイトやホストファミリーと問題発生」などが挙げられます。

留学サポートについて②;犯罪、事故に巻き込まれたらまず警察に連絡!

もし犯罪、事故に巻き込まれた場合、緊急サポートセンターに電話する前に、現地の警察に電話をしましょう。

警察は本人からしか事情を聞くことしかできないため、留学エージェントや友人を仲介・通訳として連れていったとしても警察からはほとんど相手にされません。通訳必要と判断された場合、警察で認めた人しか受け付けてもらえません。

留学サポートについて③;事故や病気の際は海外旅行保険の会社に連絡!

さて、あなたが事故に遭ったとき、または病気になってしまったとき、緊急サポートセンターに電話する余裕はあるでしょうか?

病院で診察を受けた後、必要になるものは保険です。海外旅行保険では日本人医師の紹介、通訳の手配、専門病院や救急搬送の手配など24時間体制で対応してくれるところがほとんどです。

事故や病気に関しては契約した海外旅行保険会社に連絡をしましょう。

留学サポートについて④;飛行機に乗り遅れた時の対処

「飛行機に乗り遅れる」は、自分のできる範囲で対処可能な問題です。飛行機の日程を事前に何度も確認を行うなどすれば、未然に防げる問題なのではないでしょうか。英語に自信がない方や、飛行機の乗り換えが不安という方も事前に起こり得る質問を英文にして紙に控えておくと安心です。

「この便の搭乗口はどこですか?」「搭乗口の場所が分からないので連れて行ってくれませんか?」

飛行機が遅れて乗継便に間に合わなかった場合も、慌てずに落ち着いて担当の留学カウンセラーにメールまたは国際電話をしてください。担当カウンセラーが語学学校に連絡をして、到着が遅れることをお伝えします。

留学サポートについて⑤;滞在先での問題

アパートやホームステイを語学学校を通して申し込んだ場合、ほとんどの問題を学校側で対処してくれます。学生と学校の仲介に入って、留学カウンセラーが学校に連絡を取り合うよりも、学生本人が直接学校に相談したほうが早く問題解決することができます。

また、問題について滞在先のファミリーやルームメイトと直接話し合うことも大切です。第三者がファミリーやルームメイトに話をするよりも、本人から直接話をしたほうが気持ちが伝わりやすく、問題解決後の嫌なしこりも残りません。

留学エージェント24時間緊急サポートについて

24時間緊急サポートは何か起こったときに安心で、留学未経験の方にとって心強いサービスです。しかし、必ずしも必要かと言われると疑問が残ります。

緊急事態の多くは、日ごろから注意しておけば未然に防げるものです。現地で何かの問題に直面した際は、自分でできることから対処し、どうにもならないときは無理せずに担当の留学カウンセラーまでご相談ください。