留学に行って得したこと

今回は、私なりの留学体験談をお話します。

得したことはたくさんあります。なんといっても、英語が上達したこと。私が一番最初に留学した学校にもホームスティ先にも、日本人が一人もいませんでした。日本語を勉強したことがある人もゼロ。でもその環境のおかげで、3ヶ月後には日常会話は、まず問題なくできるようになりました。

英語を話せるようになったおかげで、いろいろな国の人と話すことができ、まったく知らなかった文化や考え方、価値観に触れられるようになりました。自分が興味のある分野では、英語を抵抗なく読めるようになったので、得られる情報量がものすごく増えました。

留学に行って得したこと、損したこと。包み隠さず話します。私の留学体験談

日本にいるときは「生意気だ」「自己主張が強すぎる」などと言われていましたが、アメリカでは「自分の意見を、もっとはっきり言わないとダメ」と言われ続けました。

そのおかげで、理論的にきちんと自分の意見や、希望を伝えることができるようになりました。自分を自分として、ありのままに受け入れてくれる人たちに出会えたことも、その後の人生でお釣りがくるほど得したことだと思います。

ボーナスとして、ホストマザーは料理が上手な人だったので、彼女の家で食べた家庭料理の他に、ケーキやパイを手軽に作れるようになりました。

留学に行って損したこと

留学に行って得したこと、損したこと。包み隠さず話します。私の留学体験談

損した(と当時は思った)ことは、逆カルチャーショック。アメリカで初めてと言っていいほど、素の自分を出して毎日を過ごしていたので、日本に戻ってからしばらくの間、話し方や態度に気を遣って、精神的にかなり苦しかったです。でもそこから脱却するために、オーストラリアに行き、そのまま住むことになったので、結果的には得だったのかも?

もう一つは太ったこと。ホストマザーの料理が美味しかったことに加え、好奇心から何でも食べてみた結果、半年で5kg増。アメリカへの留学生としては悪くない方とは思いますが、帰国後1年経っても落ちませんでした。その後オーストラリアで、ホストマザーはとてもいい人だったのですが、料理の腕がいまいちで、1ヶ月できれいに5kg落ち、元に戻りました。この時食べたメニューはいまだに笑い話として使えるので、これも結果的には得ということになるのでしょうか?

そう考えると、あんまり損したことってないかもしれないですね。

私の留学体験談まとめ

自分の世界が広がって、いろいろな人と出会えた反面、彼らの人生と自分の人生を比べて、お金と時間をかけてこれか?と落ち込みました。でもその経験を経て、誰かと比較することは無意味、自分のゴールに達成できるよう、一生懸命やればいいと思えるようになったので、結局お得でした。

留学に行って得したこと、損したこと。包み隠さず話します。私の留学体験談

ふり返ってみると「転んでもただでは起きないぞ!」という気持ちが強かったみたいです。そのおかげか、私の留学の損益計算書は、最終的には費用を含めてもプラスになりました。損したとその時は思っても、後から考えたら、あるいは別の見方をしたら、得なことになることが多いのかも?とわかったことが、一番得したことかもしれません。

いち留学経験者の体験談として皆さんのお役に立てればいいですが…