ラッセルスクエアはロンドン中心部のカムデン区に位置するブルームズベリーにあるロンドンで2番目に大きい広場。

今回ご紹介するSOAS以外にも、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンなどロンドン大学に関連した施設が点在しており多くの学生や大学職員が過ごしています。

ラッセルスクエア内には美しく芝生が敷かれており、季節ごとに自然の景色を楽しむことができる憩いの場として知られます。大英博物館もすぐそばに位置しており、徒歩1分でアクセスできます。

ロンドン大学とは

ロンドン大学は1つの大学を指すのではなく、1836年に設立されたロンドン中心部に本部を置く全18のカレッジや研究機関で構成された連合大学を指します。

イギリス伝統のカレッジ制というと、オックスフォード大学やケンブリッジ大学が連想されますが、ロンドン大学を構成する各カレッジは特に独自色が強く、それぞれの理念・研究方針に基づいて学校運営や学生の入学審査・教職員採用などを行っており、中には独自の学位を授与するカレッジもあります。

ロンドン大学SOASの基本情報について

1916年に創設されたSOAS(School of Oriental and African Studies)とは東洋アフリカ学院を意味し、アジア、アフリカ、中近東に関連する研究において世界をリードするロンドン大学を構成するカレッジです。

在学生の半数近くは留学生で構成されており、英国内だけでなく世界的にも留学生の割合が高い国際的な大学です。卒業後のキャリアは世界各地に広がり、国際機関や各国の政府機関などで活躍するグローバルな人材の育成に長けています。

日本人留学生にも人気の高い専攻分野である国際関係や開発学、人類学において世界的に非常に高い評価を受けている大学。ロンドンの中心部でありながら、真に国際的なキャンパス環境で学ぶことが出来ます。

国内ランキング37位、人気の学部・専攻を紹介します

ロンドン大学SOASはイギリス大学ランキング 37位(The Complete University Guide)。その他に専攻別ランキングでも、開発学や人類学、政治学、歴史学において世界トップクラスの評価を受けています。

開発学、言語学、人類学、政治学などの学士号・修士号課程を開講しており、それぞれの分野で世界トップクラスの専門家が教鞭を取っています。

また学士課程では1年間のイギリス国外への留学を提供しており、SOASが提携するアジア、アフリカ、中近東の大学で学ぶことが可能です。

主なランキング
  • The Complete University Guide (2021年) 37位
  • The Times University Guide (2021年) 50位
主な専攻
  • Development Studies(開発学)
  • Anthropology and Sociology(人類学&社会学)
  • Politics(政治学)
  • History(歴史学)
主な設備各種研究施設やカフェテリア、スポーツ施設のほかランゲージセンター、書店、ギャラリーなど他の大学同様に利用できますが、特徴的なのは1973年に開館したライブラリー。アジア、中近東、アフリカ関連の専門書籍を中心とした120万冊以上の蔵書や研究アーカイブを誇っています。

また200以上の学生クラブが存在し留学生でも参加することが可能です。なお屋上施設として日本式石庭が設置されています。

ロンドン大学SOASのキャンパスの様子を動画で見てみる

日本人留学生がロンドン大学SOASに入学するには?

ロンドン大学SOASは留学生のための進学準備プログラムを自ら運営しており、大学学士課程を目指す方には「ICC International Foundation Programme」、大学院修士号課程を目指す方には「FDPS Pre-Master's Programme」を開講しています。

ICC International Foundation Programme

期間は9か月間、イギリス大学進学を目指す高校卒業生が対象のプログラム。

SOASを含むイギリスの大学進学に必要な進学英語力の育成、専門科目基礎、ITやアカデミックスキル、イギリス社会と文化も学ぶ。Humanities、Social Sciences、LawそしてBusinessといった関連の学士課程に進学することができます。

FDPS Pre-Master's Programme

大学学士号を取得しSOASを含む大学院に進学を希望する方のための、9か月間プログラム。

SOASの大学院課程に進学するために、より高度なアカデミック英語やリサーチスキルを身に付けたい場合や、取得した学士号と異なる専攻の修士号課程に進みたい場合に履修します。Humanities、Social Sciences、LawそしてBusinessといった関連の修士課程に進学することができます。

ロンドン大学SOAS入学に向けた、パスウェイプログラムへの出願に必要な要件

ICC International Foundation Programme
入学時期毎年9月
就学期間9か月
入学条件:英語IELTS for UKVI 5.5(各サブスコア5.0以上)
※スコアが基準に満たない場合、インタビュー・エッセイでの審査有り
入学条件:成績高校卒業(好成績)
コース費用GBP19,750(2021年1月現在)
FDPS Pre-Master's Programme
入学時期9月
就学期間9か月
入学条件:英語Academic IELTS for UKVI 5.5
(全てのサブスコア5.5以上)
入学条件:成績関連の学士号・学位取得(好成績)
入学条件:その他インタビュー(スカイプor電話)
コース費用GBP18,500(2021年1月現在)

プログラム参加に必要な宿泊費用と滞在方法

ロンドン大学SOASのパスウェイプログラムに進学した場合の、宿泊タイプや費用は以下をご参照下さい。

宿泊費(1学年分)

GBP171.67/週 ※食費除く(2021年1月現在)

※約GBP6,826 / 1学年

宿泊タイプ
  • 各種レジデンス(Halls of Residence)

ロンドン大学SOAS進学をご検討中ならiae留学ネットにご相談ください

ロンドン大学SOASは外部の教育機関に委託せず、自らファウンデーションコースやプレマスターコースを運営しています。世界でもトップクラスの国際関係学や開発学に強い大学であり、留学生比率の高さゆえに留学生受け入れの柔軟さが特徴です。

海外進学は高いハードルがあるように思えますが、語学力、成績が少し足りない留学生のための道、パスウェイがあります。

世界700の教育機関、1,500校との提携があるiae留学ネットなら、エクセター大学進学のご相談からお手続きまで無料でご案内しています、是非一度、お気軽にご相談くださいませ。