ロンドン大学クイーンメアリー校

ロンドン大学連合を構成するカレッジの中では3番目に大きな大学で、ロンドン市内イースト・エンドに居を構えるメインキャンパスロンドンにある大学の中で最大規模の設備をそなえています。

なお同じく市内にある4つのキャンパスと合わせると160カ国以上の国からの留学生を含む、約26,000人の学生が学んでいます。

英国の一流研究型大学で構成されるラッセルグループの一校であり、現在までに9名のノーベル賞受賞者を関係者から輩出している名実ともに英国を代表するカレッジですが、同時に学生満足度も高く、卒業後の初任給ランキングでも上位に位置する学生からも評価の高いのが特徴です。

医学、ヘルスサイエンスの分野のほかビジネスや文学、そして演劇学や映画学などイギリス文化に根差したプログラム専攻に強く、ロンドンという土地柄やキャンパス内外で多様性に触れ刺激を受ける環境が整っています。

ロンドン大学クイーンメアリーの基本情報について

ロンドン大学クイーンメアリー校ロゴ

まずは、ロンドン大学クイーンメアリーの基本情報や特徴をご紹介いたします。

学校設立年1785年
特徴

英国最古の医学学校である聖バーソロミュー医学学校やクイーン・メアリー・カレッジなど4つのカレッジの合併により誕生した大学で、教育系メディア誌による学部別ランキングではMedia & Film StudiesのほかMedicine、Dentistryなど前身のカレッジをルーツとする分野にて高いランキングに位置づけています。

なお、近年のReserch Excellence Framework Guideでは英国内で最高レベルの研究を行っている大学との評価も得ており、過去の全英学生調査におけるロンドン圏内の大学で学生満足度第1位との結果を獲得しています。

セールス
ポイント
  • 「ラッセルグループ」の一員であるイギリス屈指の伝統校
  • 留学生比率が高いので留学生ケア・サポートに長けている
  • 様々な研究成果をあげており、ビジネス・医学・舞台芸術などの学部が有名

国内ランキング41位、人気の学部・専攻を紹介します

主なランキングや学部・専攻などは以下をご覧ください。

主なランキング
  • Times Higher Education(2021年)41位
  • QS World University Ranking (2021年) 114位
  • Guardian(2021年)68位
主な専攻
  • 文学
  • 文化
  • ビジネス
  • メディア
  • 映画
  • 医学
  • 歯科学など
主な設備ロンドン内では最大規模の人文・社会科学、ヘルスサイエンス大学設備を有する。ライブラリー、コンピュータセンターなど最新設備を完備。その他、学生寮やカフェ、レストラン、スポーツ設備なども

ロンドン大学クイーンメアリーで高い評価を受けている学部・専攻分野について

数ある学部の中でも、特に高い評価を受けている学部は以下の通りです。

Faculty of Humanities and Social Sciences
  • School of Business and Management(ビジネス&マネジメント)
  • School of Economics and Finance(経済・金融)
  • School of English and Drama(英語とドラマ)
Faculty of Medicine and Dentistry
  • Barts and The London School of Medicine and Dentistry(医学・歯学)
  • Barts Cancer Institute(癌研究)
  • Institute of Dentistry(歯学)
  • Institute of Health Sciences Education(健康科学教育)
Faculty of Science and Engineering
  • Institute of Bioengineering(バイオエンジニアリング)
  • School of Biological and Chemical Sciences(バイオ・ケミカルサイエンス)
  • School of Electronic Engineering and Computer Science(電子工学・コンピュータサイエンス)
  • School of Engineering and Materials Science(工学・材料科学)
  • School of Mathematical Sciences(数理科学)

ロンドン大学クイーンメアリーのキャンパスの様子を動画で見てみる


日本人留学生がロンドン大学クイーンメアリーに入学するには?

ここでは、ロンドン大学クイーンメアリーへの進学方法や進学に向けた準備プログラムをご紹介します。

Kaplan International Pathways(カプラン・インターナショナル・パスウェイ)

「Kaplan International Pathways」はイギリス国内外の数多くの名門大学の学位取得プログラムを目指す留学生のために、各種準備プログラムを提供している。

ロンドン大学クイーンメアリー校についてはロンドンにある「Kaplan International College London」にて大学学士課程や修士課程を目指す学生のためにパスウェイプログラムを開講している。

Foundation Certificate (ファウンデーションコース)

修了後は大学学士課程の1年目に繋がる進学準備プログラムで、ロンドン大学クイーンメアリー校の「Business, Law and Social Sciences(ビジネス、法律、社会科学)」「Science and Engineering(科学と工学)」各専攻分野のコースを目指す。

出願時の英語スコア(IELTS for UKVI)により、コース期間が2ターム(約6か月間)~3ターム(約12か月間)と異なる。

大学での履修に必要な基礎を学ぶだけではなく、英語力の向上とアカデミックスキルの修得も含まれる。

Pre-Master's(プレマスターズ)

イギリス大学院の修士号課程への入学を目指す留学生のためのプログラム

ロンドン大学クイーンメアリー校の大学院で「Business, Law and Social Sciences」の専攻分野を目指す高い英語力とアカデミックスキル(リサーチやアカデミックライティングなど)を習得する

ロンドン大学クイーンメアリー入学に向けたパスウェイプログラムへの出願に必要な要件

各パスウェイプログラムの概要は以下をご参照下さい。

①Foundation Certificate for Business, Law and Social Sciences
(ファウンデーションサーティフィケイト - ビジネス、法律、社会科学)
開始日6月、7月、9月、11月
必要英語力IELTS 5.5 (各スキル4.5以上)
必要成績高校卒業 (GPA 2.0/5.0)
コース費用18,450ポンド(2学期間の場合)※2021年4月現在
②Pre-Master's for Business, Law and Social Sciences
(プレマスターズ - ビジネス、法律、社会科学)
開始日7月、9月
必要英語力IELTS 5.5 (各スキル5.0以上)
必要成績大学卒業(好成績)
コース費用19,370ポンド(2学期間の場合)※2021年4月現在

プログラム参加に必要な費用について

授業料以外の費用も気になる所ですが、ぜひ以下のその他概算費用を参考にしてみて下さい。(※2021年4月現在)

出願費200ポンド
教材費200~500ポンド/年
健康保険238~735ポンド/年
宿泊費~10,705ポンド(2学期分)
(宿泊タイプ:Kaplan Living Liverpool)
生活費
(食費、交通費、
社交費など)
1,265ポンド/月

ロンドン大学クイーンメアリー校進学をご検討中ならiae留学ネットにご相談ください

ロンドン大学クイーンメアリー校進学を目指すためのパスウェイプログラムは「Kaplan International College London」で提供されています。

国内外の評価が高い同大学は留学生に対する受け入れやサポートも良く、留学生でも安心して通って頂けるでしょう。

海外進学は高いハードルがあるように思えますが、語学力、成績が少し足りない留学生のための道、パスウェイがあります。

世界700の教育機関、1,500校との提携があるiae留学ネットなら、リバプール大学進学のご相談からお手続きまで無料でご案内しています、是非一度、お気軽にご相談くださいませ。