カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション(UCSDエクステンション)には、さまざまな語学プログラムがありますが今回は一番人気の「8・10週間の語学プログラム」をご紹介いたします。

まず、カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンションの8・10週間のプログラムを一覧でご紹介です。

8・10週間の語学プログラム一覧

ucsd

  • コミュニケーション&カルチャープログラム
  • 集中コミュニケーション&カルチャープログラム
  • 集中アカデミック英語プロプログラム
  • 集中TOEFL準備プログラム
  • 集中IELTS準備プログラム
  • 集中ビシネス英語プログラム
  • アカデミック・アドバンスメント/サービスラーニング
  • 集中法律英語プログラム
  • 大学準備アカデミープログラム
  • 大学入学準備プログラム

今回は前半の5つのプログラムについてご紹介いたします。基本的には8週間のプログラムで、「大学入学準備プログラム」のみ10週間となります。開講時期は8週間プログラムの場合、「1月、3月、5月、7月、10月」です。

カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンションの短期語学プログラムについて知りたい方は、以下の短期プログラム紹介のページをご参照下さい。

カリフォルニア大学サンディエゴ校エクステンション短期語学プログラム紹介Part 1

コミュニケーション&カルチャープログラム

主に日常会話上達を目指す週20時間のプログラム。アメリカ社会や文化も会話を通じ理解を深めます。レベルは12段階に分かれており、選択授業もテレビ&音楽から学ぶリスニング、アメリカ映画、イディオム&スラングなど日常で使える選択授業が多いです。

集中コミュニケーション&カルチャープログラム

こちらも主に日常会話上達を目指すプロプログラムで、何が違うかというと週25時間のプログラムという事です。また、こちらの場合、レベルによってクラスの内容として重要視するポイントが変わります。レベルは12段階に分かれていて、初中級レベルでは文法を中心に、中上級レベルでは話の流暢さについて中心に授業が行われます。

集中アカデミック英語プログラム

アカデミック英語もレベルが12段階に分かれているため、初級から海外の大学入学前の準備としても良いプログラムです。主に初級では文法&流暢さを学び、中級ではライティング&流暢さ、そして上級ではリーディング、ライティング&流暢さを中心として学びます。また、別途上級レベルではリスニング、初中級レベルでは文法の授業も受講が必須です。

集中TOEFL準備プログラム

TOEFLのプログラム中上級レベル以上方向けのプログラムです。授業はTOEFL iBT対策の授業で、ライティング、スピーキング、リスニング、リーディングの各セクションを網羅するプログラムです。

TOEFL PBT(ペーパーベース)であれば学校で受験可能であり、TOEFL iBTの受験を希望するのであれば、学校外ですがサンディエゴ市内で何箇所か受験可能なテスト会場があります。最大2回までの受講しかできないので要注意!

集中IELTS準備プログラム

TOEFL同様に中上級者向けのプログラムです。授業は中上級だと、スピーキング&ボキャブラリー、リスニング、そしてリーディング&ライティング、文法の授業+週3時間の選択授業。上級者は全てを網羅するIELTS特化プログラムです。このプログラムも最大2回までの受講が可能です。

8・10週間の語学プログラムまとめ

次回は後半の「集中ビシネス英語プログラム」「アカデミック・アドバンスメント/サービスラーニング」「集中法律英語プログラム」「大学準備アカデミープログラム」「大学入学準備プログラム」をご紹介いたします。お楽しみに!