ILSC奨学金制度の詳細

カナダとオーストラリアを中心に校舎をもつ語学学校ILSC。 そのILSCでは、各キャンパスを対象におトクなキャンペーンを実施しています。

カナダ各校舎のキャンペーン値引き

対象コース ジュニアコースを除く全てのグループレッスンが対象
締切 2020年12月23日までに学校申込を済ませること
奨学金詳細 バンクーバー、トロント、モントリオール共通 フルタイムインテンシブ、週30レッスン
  • 1~11週間 CA$420→CA$380
  • 12~23週間 CA$395→CA$355
  • 24~47週間 CA$380→CA$340
  • 48週間以上 CA$380→CA$330

フルタイム、週24レッスン
  • 1~11週間 CA$360→CA$320
  • 12~23週間 CA$345→CA$335
  • 24~47週間 CA$330→CA$320
  • 48週間以上 CA$330→CA$320

オーストラリア各校舎のキャンペーン値引き

対象コース ジュニアコースを除く全てのグループレッスンが対象
締切 2020年6月30日までに学校申込を済ませること
奨学金詳細 フルタイムインテンシブ、週33レッスン
期間 メルボルン ブリスベン シドニー 値引後価格
1~11週間 AU$410 AU$425 AU$370
12~23週間 AU$400 AU$415 AU$350
24週間以上 AU$490 AU$405 AU$350
フルタイム午前、週24レッスン
期間 メルボルン ブリスベン シドニー 値引後価格
1~11週間 AU$385 AU$400 AU$350
12~23週間 AU$365 AU$380 AU$330
24~35週間 AU$345 AU$360 AU$310
36週間以上 AU$345 AU$360 AU$300

ILSCキャンペーン割引の適応例

例:カナダ・バンクーバー校で、フルタイムインテンシブコースを23週間を受講した場合
正規料金(24週間) $11760
奨学金適用 $9,000 ⇒ $8,094
$906 =約9万円お得!

ILSCについて

ILSC

カナダ発祥の語学学校で、カナダ(バンクーバー・トロント・モントリオール)、オーストラリア(シドニー・メルボルン・ブリスベン)、インド(ニューデリー)と3か国7都市にキャンパスをもつ語学学校です。

数々の賞を受賞しており、質の高い語学学校として知られています。ILSCの講師は、全員が大学卒業資格と英語教授法資格の両方を保持しており、経験豊かな講師陣であることも、ILSCの質を高めている理由の一つです。

ILSCのおすすめポイント

1.母国語禁止!English Only Policyルール

ILSCでは母国語を禁止されているので、日本人同士でも英語で話さなければいけません。英語脳をいち早く作るには最適な環境です。

2.130種類以上の選択科目

カナダのモントリオール校では、英語だけではなくフランス語も学ぶことが出来ます。英語だけでは物足りない、費用を抑えてフランス語を学びたいという方は、ぜひILSCのモントリオール校がおすすめです。

3.フランス語+英語の2か国語を学べる

ILSCでは午後から選択科目を受講することが出来ます。なんと選べる科目は、計130種類!

中にはTOEIC対策コース・発音矯正・ビジネスプレゼンテーションスキル・演劇など、多岐にわたり、自分が向上させたい・興味がある分野に合わせて選択が可能です。ボランティアプログラムもあります!

4.日本人カウンセラーさんが常駐

インドの校舎以外は全て日本人カウンセラーさんがいらっしゃいます。初めての留学で不安な方も、学校に日本語で相談出来るスタッフさんがいらっしゃると安心ですね。

5.豊富なアクティビティー

放課後のアクティビティから週末のアクティビティまで、日々何かしらのアクティビティが実施されています。(ビーチバレー、週末アメリカ旅行、街探検、スポーツ観戦、ヨガクラス、バリスタワークショップなど)交流関係を広げたり、新しいことにチャレンジするには良い機会ですね!

ILSC卒業生の経験談

セミナー参加者女性ILSCはいろいろな国の友達がつくりやすい!
最初は友達がゼロの状態で入学するので少し心配していましたが、アクティビティが毎日あり、クラスが4週間毎に変わるので、たくさんの人に出会えます。先生方も生徒が早くクラスメイトと仲良くなれるように配慮して下さいます。

セミナー参加者男性

さまざまなクラスが受講出来る
ILSCには、文法や単語、発音など基礎のクラスからネイティヴスピーカーが使うような英語、グローバル経済、映画を通して学ぶ英語など、選択肢がたくさんあります。長期留学で英語の勉強に疲れたり飽きたりしても選択肢が多いので、気分転換にユニークなかたちで英語を学べます。