2021年12月15日以降、ようやく日本からのオーストラリア入国が可能になりました。

現在、続々と渡航手続きのご相談を頂いておりますが、本コラムではお手続きに関する詳細やQ&Aについてご案内致します。

オーストラリアへの入国条件

現在は下記の条件を満たすことで、オーストラリアへの入国が可能となります。

  • 日本からオーストラリア(西オーストラリア州以外)へ直行便で入国する
  • オーストラリアのビザを取得している
  • COVID-19英文ワクチン接種証明書
  • 出発前72時間以内のPCR検査英文陰性証明書
  • 出発72時間前までにオーストラリア旅行宣言(Degital Passenger Declaration)提出

各州への入国状況について

オーストラリアでは現在、各州ごとに入国時の規制が設けられています。なお現段階で、海外から入国可能な州は下記のとおりです。

※RAT(Rapid Antigen Test):簡易抗原検査

ニューサウス
ウェールズ州 (NSW)
  • 2021年12月15日以降入国可能
  • 入州後24時間以内にRAT検査の受検必要。陰性結果がでるまで自己隔離。
ビクトリア州 (VIC)
  • 2021年12月15日以降入国可能
  • 入州後24時間以内にRAT検査の受検必要。陰性結果がでるまで自己隔離。
首都直轄地域 (ACT)
  • 2021年12月15日以降入国可能
  • 入州後24時間以内にRAT検査の受検必要。陰性結果がでるまで自己隔離。
南オーストラリア州 (SA)
  • 2022年1月1日以降入国可能
  • 入州後24時間以内にPCR検査の受検必要。陰性結果がでるまで自己隔離。
クイーンズランド州 (QLD)
  • 2022年1月22日以降入国可能
  • 入州後24時間以内にPCR検査、またはRAT検査の受検必要。陰性結果がでるまで自己隔離。
西オーストラリア州 (WA)
  • 2022年3月3日以降入国可能

渡航準備に関して

渡航前の準備については、以下をご参照ください。

①オーストラリア旅行宣言(Digital Passenger Declaration)の申請方法

オーストラリアに入国を希望する方は日本を出発する少なくとも72時間前迄に、オーストラリア渡航申告書(Digital Passenger Declaration)への事前登録が必要です。

こちらはオンラインで申請を行います。申請はこちら

なお、申請の際には以下ご準備ください。

申請に必要な書類や情報
  • COVID-19英文ワクチン接種証明書
  • パスポート情報
  • フライト情報
  • 渡航先詳細
  • 連絡先

また、オンライン申請の際に行う主な内容は以下となります。

オンライン申請の内容
  • パスポート情報の入力
  • フライト情報ならびに、渡航先詳細の入力
  • COVID-19英文ワクチン接種証明書のアップロード
  • PCR検査の陰性証明書の提出が必要という点をを理解している旨の宣言
  • 最初に到着した州/準州および、旅行先のその他の州/準州の検疫要件に準拠するという宣言
  • 必要に応じて旅行前に検疫の手配をしたという宣言

②航空券手配について

現在、日本からオーストラリアへの入国は直行便での手続きが必要です。(※オーストラリア国内での乗り継ぎは可)

そのため、東京(成田/羽田発)の全日空、または日本航空にてお手配をお願いします。

全日空の場合:2022年4月1日時点

  • 羽田ーシドニー行き 週5便 日・月・水・木・土(直行便)
  • 羽田ーメルボルン行き 週5便  日・月・水・木・土(シドニー経由)
  • 羽田ーブリスベン行き 週5便 日・月・水・木・土(シドニー経由)

詳しくはANAのホームページでご確認ください。

日本航空の場合:2022年4月1日時点

  • 成田/羽田ーシドニー行き 毎日運航(直行便またはメルボルン経由)
  • 成田/羽田ーメルボルン行き 週5便 日・月・水・木・土 (直行便またはシドニー経由)
  • 成田/羽田ーブリスベン行き 週5便 日・月・火・木・土(シドニー/メルボルン経由)

詳しくはJALのホームページでご確認ください。

なお、ご自身で航空券予約をされた方は、eチケットまたは予約確認書を担当カウンセラーまでご提出ください。

また、弊社経由にて航空券手配をご希望の方は、担当カウンセラーまでご相談ください。

③滞在先手配について

寮手配をご希望の方

各大学ホームページより、ご自身にてご予約頂いております。

ホームステイをご希望の方

弊社経由にてホームステイのお手続きが可能です。ご希望の方は担当カウンセラーまでご連絡ください。

ホームステイの費用などについてはこちら(Australian Homestay Network)よりご確認頂けます。

④COVID-19英文ワクチン接種証明書について

英文ワクチン接種証明書の申請先は、接種券発行を受けた住民票のある市町村となります。

また、デジタル庁ウェブサイト、新型コロナワクチン接種証明書アプリでもご入手可能です。

詳細は、こちら厚生労働省のサイトをご参照ください。

⑤オーストラリア到着後のRAT検査(Rapid Antigen Test)の事前準備について

現在、オーストラリア到着後、ほとんどの州で到着後24時間以内のRAT検査受検が必要です。なお、4月1日時点ではどの州でも、現地到着後にRAT検査が比較的入手しやすくなっております。

オーストラリア政府承認RATテストについてはこちらをご覧ください。

 

⑥海外留学生保険(OSHC)の加入期間変更手続きについて

現在、日本からすでにオンライン受講をされている在校生の皆様は、学生ビザ申請時にOSHCにすでに加入頂いております。

これからのオーストラリア渡航に伴い、加入期間変更をご希望される方は、担当カウンセラーまでご連絡くださいませ。その際に、予約済みの航空券eチケット、または予約確認書のご提出をお願い致します。

※加入期間を変更された方は、各教育機関を卒業され日本に帰国される際に、ご自身にてAllianz社にご連絡頂き返金手続きをお願い致します。

FAQ (多くの方に頂いている質問)

Q.1: 2021年12月15日以降の入国が認められましたが、実際に12月15日以降入国できていますか?
A.1: はい、実際に多くの方が入国されております。

Q.2: 渡航時期を迷っています。皆さんいつぐらいに入国されていますか?
A.2: 2022年1月19日、オーストラリア政府よりコロナによる労働者不足の打開策として、8週間以内(2022年3月19日まで)に入国する留学生の学生ビザ申請代金$630返金が発表されました。そのため、まずはその適用期間に入国希望をされる生徒様方が多い状況にあります。

また、学期途中で入国される方もいらっしゃれば、学期と学期の間のホリデー期間を利用しての渡航をご計画の方もいらっしゃいます。

Q.3: これから2月、3月の渡航でも間に合いますか?
A.3: はい、在校生の方々は、まずはご出発日をご決定の上、担当カウンセラーまでご連絡ください。

Q.4: 日本出発前にRAT検査(Rapid Antigen Test)が準備できない場合はどうしたらいいですか?
A.4: オーストラリア到着後、現地の薬局でRAT検査を購入いただくことも可能ですが、現在品薄状態が続いております。また現地でPCR検査を24時間以内にクリニック等でお受けいただくことも可能ですが、現在待ち時間が長くなっておりますので、あらかじめご了承ください。

※RAT検査(Rapid Antigen Test)、またはPCR検査の陰性結果がでるまで自己隔離が必要となります。

Q.5: オーストラリアにはお金をどのくらい持っていけばいいですか?
A.5: 生活スタイルによって個人差はありますが、1か月あたりの生活費として10~15万円前後でお考えいただきご準備をお願いします。

なお、多額の現金持ち歩きは危険なので、日本出発前に国際キャッシュカード、海外プリペイドカード、クレジットカード(海外キャッシング機能付き)などご用意いただき、リスク分散をお願いします。

例)海外プリペイドカードGAICA(ホームページはこちら

Q.6: オーストラリアで銀行口座を開設するにはどうしたらいいですか?
A.6: 学校や滞在先の近くで、生活に便利な銀行を渡航後にお探しください。なお、現地での銀行口座開設については、銀行窓口、学校のスタッフ、以前から在籍しているクラスメイトなどにご相談ください。

※開設の際はパスポートのほかに身分証明書、マイナンバー等を求められる可能性があります。

シドニーオフィスからの最新情報:
ANZ銀行(オーストラリア・ニュージーランド銀行)には日本人銀行員スタッフが数名います。シドニーご到着後、銀行口座サポートも以下のシドニーオフィスにてご案内可能です。

  • Pitt street Branch - 242 Pitt street, Sydney NSW 2000
  • World Square Branch - 640 George St, Sydney NSW 2000 (Temporarily Closed)
  • Chinatown Branch - 665 George street, Sydney NSW 2000

また、日本からの口座開設も可能です。(詳細はこちら

Q.7: オーストラリアでの携帯電話はどうしたらいいですか?
A.7: 最近では、日本で使用されているスマートフォン(SIMフリータイプ)を持参されて、現地でSIMカードを購入して使用されている方がほとんどです。なお、SIMカードは空港、携帯ショップ、スーパーなど比較的どこでも購入いただけます。

※プリペイド式SIMカードを月額$30分購入すれば、十分満足に使えます

Q.8: オーストラリアに薬やサプリメントを持参したいのですが、どのくらい持っていくことができますか?
A.8: 荷物の持ち込み制限に関しては、在日オーストラリア大使館のQ&Aをぜひご参照ください。(詳細はこちら

Q.9: 学生ビザの返金手続きはどうやったらいいですか?(2022年3月19日までに学生ビザで渡航した方対象)
A.9: こちらの返金は、自動的にビザ申請費が返金されるわけではなく、ご自身にて申請していただく必要があります。

詳細はこちらをご参照ください。