これから世界で通用する人材を目指すあなたへ。

イギリスへ大学・大学院を目指して進学留学をしませんか。

理由もなくおすすめしているわけではなく、イギリスの大学は3年間、イギリスの大学院は1年間で修了し、卒業後には現地で最長2年間、就労するための許可申請まで出来るようになっています。

日本とは教育制度が異なっているため、大学進学についてはファウンデーションというプログラムに参加する必要があります。

もちろん大学にせよ大学院にせよイギリスへ進学する場合には高い英語力や成績平均点(GPA)が必要ですが、パスウェイというものを利用することで基準を下げることも可能。

イギリスにある大学ランキングおよびおすすめの学校についても紹介していきます。

一番気になる留学費用もご案内しているこのページで、イギリス大学・大学院進学の最初の第一歩を踏み出してみませんか。

イギリス大学・大学院進学するために知っておくべき基礎知識

イギリスを含む世界の国々では大学や大学院進学をする場合、日本とは基本的に大きく審査の方法が異なっています。

日本ではいわゆる受験勉強を続け、毎年センター試験、各大学の入学試験で合格点以上を取れば入学許可がもらえます。

ですが、イギリスを含む海外の大学進学では英語力とこれまでの成績平均点(GPA)、それから入学したあとに何をしたいのかをまとめた英文エッセイや学校長、進路指導担当からの英文推薦状を用意して出願します。

いわゆる学力テストは存在せず、出願する学生、すなわちあなたの人間性に重きを置いた審査が行われます。

英語力については受験勉強で学ぶレベルでは到底届かない、海外大学進学のためのアカデミック英語力(イギリスの場合はUKVI IELTSという試験スコア)が必要になりますし、学校の成績平均点(GPA)についてもいわゆる5教科だけを重視する日本と違い、保健体育や美術、音楽なども含むすべての教科の成績平均点が求められるということを覚えておきましょう。

イギリスの大学へ進学するにはファウンデーション参加が必須

日本の高校を卒業してイギリスの大学に進学するためにはファウンデーションプログラムに参加することが必須となっています。

日本の高校では大学受験のための勉強をしますが、イギリスの高校生は2年・3年次に自分が進む大学および学部を決め、日本の大学1・2年生の間に学ぶ基礎教養を高校卒業までに身に着けます。

イギリスの高校入学に勉強するカリキュラムは6th Form(シックスフォーム)と呼ばれ、GCE Aレベルという統一試験でその成績を5段階(AからE)に評価、そのAレベルの成績で希望大学へ出願することになります。

イギリスのトップ大学、「オックスブリッジ(オックスフォード大学・ケンブリッジ大学)」を目指す場合、ファウンデーションプログラムを提供していないため、このAレベルをイギリスの公立カレッジ、または私立高等教育機関で受講、スコアを取得する必要があります。

ファウンデーション(6~9か月)を無事修了した後、希望大学でメインコースが開始、3年間で学士号(大学卒業資格、バチェラー)取得することができます。

大学院で修士号取得に必要な期間は1年間

日本の大学3・4年生、または大学を卒業した社会人のあなたがイギリスの大学院で学位を取得したい場合、イギリスの修士課程は1年間となっているため、時間・費用を節約することができます。

ただし、イギリスの大学院は出願に求められる条件が非常に高くなっており、英語力や成績平均点、その他推薦状(レコメン)等を用意することは簡単ではありません。

困難ではありますが、長期休み(夏休みなど)もなく1年間必死に勉強することで得られるイギリスの大学院での修士号取得はあなたの夢の実現を叶える大きなステップになります。

ファウンデーションプログラムの特徴

日本の高校を卒業してイギリスの大学を目指す場合に必須となるファウンデーションプログラム。

イギリスの大学で勉強するときに求められる分野別の基礎教養、それから難解な専門用語も理解できる英語力をこのファウンデーションプログラムで勉強します。

ファウンデーション参加にも高い英語力が必要

ファウンデーションプログラムに参加して規定の成績(7割~8割)で修了できれば、希望する大学への入学が許可されます。

ただし!このファウンデーションプログラムに参加するためにも英語力と成績平均点は必要です。

直接大学へ出願するよりも低い語学力・成績平均点にはなっていますが、日本の受験英語だけでは語学力が不足します。

イギリス大学進学を希望する場合には出来る限り早いタイミングで決断し、アカデミック英語試験、UKVI IELTSの対策を始めることが大切です。

日本の大学へ進むか、イギリス大学進学を選ぶかに悩み、日本の大学受験後にやはりイギリス大学進学を希望する、という場合には英語力不足であることが多いのですが、その場合にはアカデミック英語力を身に着けるためのリーズナブルな海外語学留学も紹介させていただきます。

ご注意いただきたい点として、イギリスの語学留学は最長でも11か月までとなっており、その後にファウンデーションプログラムへの入学許可を得て学生ビザ(Tier4)を申請する場合には日本に一度帰国しなければなりません。

イギリスのどの学校で何を学びたい?

ファウンデーションプログラムへ参加する場合に大切なことはあなたがイギリスで何を学びたいかを決めておくことです。

ファウンデーションプログラムは基本的に目標大学の目標学部へ入学するための道筋、パスウェイとなっています。

学びたい分野が決まって、成績平均点や英語力を踏まえた上であなたにおすすめのファウンデーションプログラムを提案することになります。

興味のある分野はあるけど、どんな学部を見つければ良いかわからないといったお悩みがあればiae留学ネットへご相談ください、あなたにぴったりのコースをご案内します。

プレマスターから修士号取得を目指す

イギリスの大学院に出願、入学許可を得ることが難しい、というお話をしましたが、英語力や成績平均点が不足しているから諦める、のはもったいないです。

イギリスの大学院進学にはプレマスター(Pre-Master)というコースが提供されており、このコースに参加して英語力、専門分野の知識を身に着けることで希望するイギリスの大学院へ進むことができます。

プレマスターコース参加に求められる語学力、成績平均点は直接、イギリスの大学院出願する際に求められるものより緩やかとなっています。

日本の大学で取得した学士号とは異なる分野の修士号をイギリスの大学院で取得したいという場合にも、このプレマスターコースに参加することで大学院入学許可がもらえるものもあります。

気になるランキングとおすすめの学校について

イギリスの大学、と聞いて思い浮かぶ学校はどこがありますか?

世界レベルで知られているオックスフォード大学やケンブリッジ大学、その他アメリカのアイビーリーグやオーストラリアのグループオブエイトのような名門大学群としてラッセルグループと呼ばれるものがあります。

詳しくは別ページで紹介しています、ご参照ください。

イギリス大学ランキング、トップ校はどこ?

イギリスの大学の中にはイギリス国内でトップランクに入っているだけでなく、世界大学ランキングでもトップの大学が少なくありません。

世界大学ランキング最新情報(リンクします)でご確認いただけます。

もちろん、イギリス国内の最新大学ランキングについても紹介しています。

注意点として、大学ランキングについてはあくまで指標のようなものであり、あくまで参照程度にしておいてください。

大切なのはイギリスであなたが何を学びたいのか、英語力・成績平均点に合わせた学校を選ぶことです。

ラッセルグループやおすすめの学校をご紹介

イギリスの大学進学を希望してあれこれインターネット検索をしていると必ず、ラッセルグループというワードにたどり着くはずです。

イギリスの公立大学24校によって構成されており、どの学校もイギリス国内だけでなく世界レベルで高い評価を受けています。

このラッセルグループにはオックスフォード大学、ケンブリッジ大学も含まれています。

各プログラム、大学の学校費用を紹介します

イギリスの大学・大学院へ進学に向けて知っておくべきファウンデーションプログラムと、どんな学校があるかを紹介してきました。

海外留学、特に海外大学進学をするのに気になるのがお金、費用ですよね。

イギリスへ進学留学する場合にはどのくらいのお金が必要になってくるのか、紹介していきます。

ファウンデーションプログラムの留学費用はどのくらい?

まずはファウンデーションプログラムについて。

ファウンデーションプログラムは実際にはイギリスの大学が提供しているのではなく、イギリスにある私立高等教育機関が大学と提携して提供しています。

各機関の違い、それから英語力・成績平均点で異なる参加期間によっても費用は異なりますが、あくまで一例として以下、紹介させていただきます。

イギリスで現地学生にも人気の高いダーラム大学へ進学するためのファウンデーションプログラムです。

イギリス大学進学ファウンデーション、ダーラム大学費用

希望コースINTERNATIONAL FOUNDATION YEAR IN BUSINESS, ECONOMICS, ACCOUNTING AND FINANCE
期間9か月間
※IELTS 5.0は12か月間
必要英語力IELTS for UKVI 5.5
Reading & Writing 5.5以上、全てのスキル5.0以上
必要成績高校卒業
良い成績であること
コース費用21,000ポンド
※12か月間は英語コース1 Term: 5,000ポンド

上記以外にも滞在費等必要となります、具体的なスタディプランやお見積りをさせていただきますので是非、iae留学ネットまでお問合せください。

イギリスの大学院進学準備、プレマスターコースの費用

続いて、イギリスの大学院進学のためのプログラム、プレマスターコースの費用についてご案内します。

こちらも英語力や成績平均点次第で参加期間が異なるため、あくまで例としてご確認いただき、学費以外の費用についてはiae留学ネットまでお気軽にお見積りをご依頼ください。

ロンドン大学シティでのプレマスターコース費用です。

イギリス大学院進学準備、ロンドン大学シティでのプレマスターコース

希望コースPre-Master in Business, Law and Social Sciences
開始日9月、1月、3月
期間と必要英語力IELTS 5.5
各スキル5.0以上
必要成績大学卒業
GPA 2.5~3.0
コース費用18,710ポンド
2学期間

イギリスの大学、大学院それぞれの学費について

最後にイギリスの大学や大学院の学費についてなのですが、学校やコースによって大きな差があります。

学費だけなら年間(9か月間のアカデミックイヤー)あたり、150万円程度から理系のお金のかかる学部なら300万円以上かかるものまで様々。

iae留学ネットにご相談いただいた際には、大学進学であればファウンデーションとその先にある大学・学部、大学院であればプレマスターおよび大学院のプログラムが見えてきますので、あらためてお見積りを作成し、ご案内させていただきます。

何度もしつこく書いていますが、できる限りお早目にご希望をお伝えいただくことで準備していただけることも増えます、お問合せ、お見積りは無料ですので是非お気軽にお問合せくださいませ。

イギリスの大学・大学院進学ならiae留学ネットにお任せください

イギリスの大学または大学院進学に興味がある、ちょっと気になっているならiae留学ネットまでご相談ください。

提携している学校であれば、ご案内から出願サポートまで無料、リーズナブルにイギリス大学・大学院進学留学が可能です。

イギリスや他の英語圏の国への進学と迷っている、そんなあなたも是非、iae留学ネットへご連絡ください、あなたに本当にぴったりの進路を一緒に見つけましょう。