FLSインターナショナルってどんな学校?

FLSインターナショナルはアメリカ国内に6つのキャンパスをもち、そのほとんどが大学のオンキャンパスにセンターがございます。一般英語プログラムだけでなく、

  • 大学同時受講プログラム
  • ボランティアプログラム
  • 高校卒業資格を取得するプログラム

など語学学校では珍しいプログラムを提供しています。

現地の大学生が利用する施設を留学生でも利用可能

アメリカで7校舎展開しているFLSインターナショナルですが、その内の4校は4年制大学・コミュニティカレッジ内に併設されており、FLSインターナショナルの学生は大学の施設を現地の大学生と同じように利用することができます。

  1. シトラスカレッジ(カリフォルニア州ロサンゼルス)
  2. サドルバックカレッジ(カリフォルニア州ミッションビエホ)
  3. セントピータース大学(ニュージャージー州ジャージーシティー)
  4. ラスベガスインスティチュート(ネバダ州ラスベガス)
  5. チェストナットヒルカレッジ(ペンシルバニア州フィラデルフィア)
  6. テネシー工科大学(テネシー州クックビル)
  7. ボストンコモンズ/フィッシャーカレッジ

細かいレベル分け、少人数制のクラスで効率的に学べる

通常、語学学校では登校初日にレベルテストを受験し、その判定から自分の英語レベルにあったクラスに入ることができます。FLSでは18段階と細かくレベル分けがなされ、初級から大学院入学レベルまで幅広いレベルの学生を受け入れています。また各クラスの生徒数は平均12名(最大15名)と少人数制を採用しているので、積極的に発言したり、分からないことを先生に質問しやすい環境です。

日本人比率がかなり低い!

FLSの平均日本人率は9%となっており、他の語学学校と比べて日本人比率が低いのが特徴です。インターナショナルな環境に身を置いて、英語を学ばれたい方にはオススメです。FLSの本部には日本人スタッフが在籍しており、キャンパス内で直接話すことはできませんが、何か緊急事態があった際は日本人スタッフが対応してくれます。

集中的に学べる環境

English Everywhereを通じて、学生はその日に授業で学んだことクラスの外でも活用できるようになっている

授業で学ぶボキャブラリー、イディオム、語彙を週ごとにまとめられたEnglish Everywhereというシートが用意されており、学生はそのシートを活用してクラスの外でも英語を練習出来るようになっています。放課後、学校の先生やホストファミリーとのコミュニケーションに活用できるアイテムです。

進学英語プログラムの授業時間数が多い

FLSの進学英語プログラムの授業時間数は週30時間と、多く設定されています。現地の大学へ進学を目指される学生や短期間で英語レベルを高めたい方にとって、授業時間数が多い進学プログラムは魅力的なのではないでしょうか。

進学英語プログラムのほかに、バケーション英語(週15時間)、一般英語(週20時間)、集中英語(週25時間)、試験対策(週30時間)、ビジネス英語(週25時間)が用意されており、学生のニーズに合わせて豊富なプログラムを開講しています。

勉強に対して真面目な学生が多い

FLSに在籍するほとんどの学生は現地の大学・大学院への進学を目指す方が多く、勉強に対する姿勢が高いです。モチベーションが高い学生と一緒に勉強ができるので、英語を学ぶ環境に適した環境と言えます。

現地の学生と交流する機会がある

FLSの校舎のほとんどが、現地の大学生が通う大学の中に併設されているので、FLS在学中に現地の大学生と交流するチャンスがあります。普段からネイティブスピーカーの会話が自然に耳に入ってくる環境はなかなかありません。現地の大学生の学校生活を体感することもできます。

FLSのパスウェイプログラム

FLSが提供するパスウェイプログラムでは、提携を持つ多くのコミュニティカレッジや大学にTOEFLやIELTSのスコアを必要とせずに入学することが可能です。コミュニティカレッジや大学が定めているFLSの英語プログラムを基準を満たして終了した場合に、出願が認められます。

またコミュニティカレッジで2年間勉強した後に、アメリカにあるトップレベルの大学へ編入することも可能です。毎年約500名がFLSからアメリカの4年制大学またはコミュニティカレッジに進学しています。

パスウェイ留学について

全米150以上の提携校から、学生が希望するコミュニティカレッジや大学への入学を目指すことが可能となっており、出願手続きもFLSが一貫してサポートしてくれます。FLSに8週間以上就学した方は出願手続きのサポートを無料で受けることが出来ます。

まとめ

iae留学ネットのオススメ校、FLSへの留学はサポート無料です。カウンセリングからご出発まですべてサポートいたします。FLSへの留学をお考えの方は、メール・LINE@・電話からいつでもお気軽にご相談下さい。

アメリカ留学情報