トロント大学の職員が緊急来日!カナダの大学へ進学をお考えの方必見!世界ランキング上位25校(カナダ国内大学ランキング1位)にランクインする世界的に有名な超名門校のスカボロー校から、学部長のウィリアム・ゴー氏、ズウェイグ教授をお招きしトロント大学の説明会&個別カウンセリング日を開催いたします。

大学・大学院で世界のトップ校への挑戦を考えている方だけなく、短期語学留学をお考えの方までご参加いただけます

このセミナーは終了しました

トロント大学(UoT)のおすすめポイント

  • ノーベル賞受賞者10名輩出(カナダ首相4人輩出)
  • 北米対立最大規模の図書館を併設
  • 選べる3つのキャンパス、1000以上の専攻分野を提供
  • 世界115か国からの留学生が13,000人以上!
  • 奨学金制度が充実(3,000人以上の学生が奨学金を貰っています)
  • 200以上のクラブやサークルが存在!
  • Co-Op(有給インターンシップ)で卒業までに就労経験可能!
  • TOEFLやIELTSの公式スコアがなくても入学できるパスウェイプログラムあり!

トロント大学(UoT)ってどんな学校?

University of Toronto(トロント大学/UoT)は、1827年に創立以来、理工学部、法学部、社会学部、経営・商学部、医学部や看護学部など、17の学部、13の教育研究病院、19の大学院、そして75にもわたる博士号を擁するカナダで最も歴史のある大学としてその存在感を世界に示してきました。国内大学1位に、世界大学ランキングでもトップ20に選ばれています。

2017年現在、約86,000名の学生が在籍しており、世界168ヶ国、約14,000名の留学生が学んでいます(うち日本人留学生は約200名)。世界で最も住みやすく安全な都市として常に上位にランクインしているトロントの中心部に立地するセント・ジョージキャンパスの他、学生主体の研究施設などがあるスカボローキャンパスと最先端の研究施設が整っているミシサガキャンパスを有します。

北米ではトップ3の規模を誇る図書館を有しており、大学には大小合わせて44の図書館施設があり、幅広い研究書物や資料を備えています。科学の分野においては、発表した研究論文が世界2位の数を誇り、世界トップレベルの研究機関としての定評もあります。これまで、9名のノーベル賞受賞者や4名のカナダ国首相など、世界で活躍する人材を数多く輩出しているカナダを代表する名門校です。

キャンパス一覧

セント・ジョージキャンパス

スカボローキャンパス

ミシサガキャンパス

トロント大学セミナー

タイムスケジュール

17:50受付開始
18:00~19:00学校職員によるセミナー / Q&Aコーナー
19:00~19:10休憩
19:10~20:00無料個別相談(要予約)

対象者セミナーではこんな事が聞けます

  • トロント大学のプログラム紹介
  • トロント大学で学べること、専攻
  • カナダ留学のメリットやキャリアオプション
  • 他大学や専門学校との違い

こんな方におすすめ!

  • 世界のトップ大学へ進学をお考えの方
  • カナダへ進学を検討中の方
  • キャリアチェンジをお考えの方
  • キャリアアップを目指している方

セミナーについてよくある質問

Q1:入学に必要な英語力はどのくらいですか?
A1:修了書やディプロマプログラムはIELTS6.5またはTOEFL iBT100が必要です。(一部の医療系プログラムはそれ以上の英語力が求められます。)

Q2:入学に必要な英語力スコアに見たない場合、どうしたら入学できますか?
A2:インターナショナル・ファウンデーション・プログラムやグリーンパスプログラムをなどのパスウェイプログラムを経由して、学部へ進学または編入が可能です。

Q3:入学時期はいつですか?
A3:トロント大学の入学日は、毎年9月となります。語学プログラムは定期的に入学が可能です。

Q4:出願手続きはどのくらいの期間が必要ですか?
A4:出願には、最終学歴の英文卒業証明書・成績証明書が各1通づつ、パスポート、IELTSまたはTOEFLの公式スコアレポート、志望動機書が必要です。これらの書類が全て整った状態で願書を提出して頂くと2~3か月で合否結果をもらえます。それから、授業料の支払い、滞在先の手配、ビザの申請から発給まで渡航までに必要な手続きを行うのに1か月は必要です。

当日のゲストスピーカーよりヒトコト

UoT_Bill_Gough_Jerry_Jien-1612

My advice to students at UTSC is that you should embrace the university experience. Sometimes we see an undergraduate education as a means to an end - "I need to get this and then i'll have a happy life, or an interesting life, or a good job, or ...whatever." Certainly undergraduate education will support job related opportunities afterwards, but really it's about taking it as an opportunity to be excited about ideas. It's kind of special when you take a four year period of time and you're devoting it to something that on the surface doesn't really produce a car...or an object...but you're producing a mind that is capable of thinking critically.

Professor William Gough
Vice-Principal Academic & Dean

トロント大学セミナー
日程:2018年4月2日(月)18:00~(受付 17:50)
場所:iae留学ネットオフィス »アクセスマップ
参加費:無料
持ち物:セミナー後の個別面談をご希望の場合は、英語力証明書(TOEFL、IELTS、英検などのスコア)をご持参ください。

このセミナーは終了しました