あなたの希望する留学先がオーストラリアの場合、英語の勉強であれ、進学やキャリアアップが目的の場合であれ、おすすめしたいのがTAFE(テイフ)と呼ばれる高等教育機関です。

アメリカやカナダのコミュニティカレッジ(コミカレ)、ニュージーランドのポリテクニック(ポリテク)に近い学校で、アカデミックな勉強から、職業のための基礎を学ぶことも可能。

オーストラリアでの大学進学を考えているあなたにとっても、このTAFEからファウンデーションプログラムの就学やディプロマ就学後の編入ができるんです。

オーストラリアの各州が運営するTAFEの中でも、今回はクイーンズランド州のTAFEのご紹介とTAFEで勉強するとどのくらいの費用が必要になるのかをご案内していきます。

TAFEをオーストラリア留学でおすすめする理由

TAFEとは?

TAFEについて「職業訓練校・専門学校」などと訳されることが多いですが、その役割は多種多様。

日本ではまだ「初めて聞いた」という人の方が多いかもしれませんね。

大学ではありませんが、一定年数(通常3年)通うことにより大学卒業資格、バチェラー(学士号)を取得できたり、数ヶ月で就職に直結する学びを深めることも可能。

「英語で何かを学ぶことができるほどのレベルに達していない!」という場合は、語学コースでまず英語力アップを目指すこともできます。

公立の学校でありオーストラリア国内各州ごとに複数のキャンパスを持つTAFE。

今回、オーストラリア留学でも気候が良く過ごしやすい人気の渡航先、クイーンズランド州にあるTAFEを紹介させていただきますね。

州都ブリスベンやゴールドコースト、サンシャインコーストで学ぶ

TAFE Queensland(クイーンズランド州)

1年で300日以上が晴天というクイーンズランド州は、その気候の良さから日本人に限らず留学生に人気の高い場所です。

州都ブリスベンはTAFEクイーンズランドのキャンパスだけでなく、オーストラリアの名門大学群、Group of 8の一角、クイーンズランド大学のキャンパスがあります。

その他、就職に強いクイーンズランド工科大学(QUT : Queensland University of Technology)もあることから、オーストラリアでの大学進学を希望する留学生が多く暮らしている都市でもありますね。

各キャンパスのご紹介、行きたい場所を選びましょう

TAFEクイーンズランドは、クイーンズランド州内に多くのキャンパスを構えています。

TAFE QLDのキャンパス

エリアキャンパス
ファーノースクイーンズランド
(Far North Queensland)
  • Atherton
  • Cairns
  • Great Barrier Reef International Marine College
  • Innisfail
  • Northern Peninsula Area
  • Thursday Island
ノースクイーンズランド
(North Queensland)
  • Bowen
  • Burdekin
  • Charters Towers
  • Cloncurry
  • Ingham
  • Mount Isa
  • Normanton
  • Palm Island
  • Townsville(Pimlico・Trade Training Centres Bohle)
  • Whitsundays
ワイドベイバーネット
(Wide Bay Burnett)
  • Bundaberg
  • Gympie
  • Hervey Bay
  • Kingaroy
  • Maryborough
  • Nurunderi (Cherbourg)
サンシャインコースト
(Sunshine Coast)
  • Mooloolaba
  • Nambour
  • Sunshine Coast Health Institute
  • Maroochydore
ゴールドコース
(Gold Coast)
  • Ashmore
  • Coolangatta
  • Coomera
  • Coomera Marine
  • Southport
グレーターブリスベ
(Greater Brisbane)
  • Acacia Ridge
  • Alexandra Hills
  • Bracken Ridge
  • Caboolture
  • Eagle Farm
  • Groverly
  • Inala
  • Ipswich
  • Loganlea
  • Mt Gravatt
  • Redcliffe
  • South Bank
  • Spring Field
ダーリングダウンズ&
サウスウエスト
(Darling Downs and
South West)
  • Charleville
  • Chinchilla
  • Dalby
  • Roma
  • Toowoomba
  • Warwick
  • Lockyer Valley (Gatton)

それぞれの地域、キャンパスで様々なプログラムを提供しているため、あなたが勉強したいと思うコースがきっと見つかります。

どんなコースがあるのか、実際に調べてみたい場合は以下をクリックしてTAFEクイーンズランドのサイト上で検索してみてくださいね(英語です)。

TAFEクイーンズランドプログラム検索

日本人留学生に人気コースTOP5

なお、TAFEクイーンズランドでは以下のコースが日本人留学生に人気があります。

TAFEクイーンズランドで人気のディプロマコース
  • Diploma of Travel and Tourism Management(トラベル・観光マネジメント)
  • Diploma of Hospitality Management(ホスピタリティマネジメント)
  • Diploma of Business(ビジネス)
  • Diploma of Nursing(看護)
  • Diploma of Early Childhood Education and Care(幼児教育)

もしあなたがクイーンズランド州のTAFEで勉強をしてみたい、でも何を勉強していいかまだ迷っている、という場合にはビジネスかホスピタリティがおすすめ。

ビジネスを学ぶことで、将来企業で働くために求められる基礎知識はもちろん、学位レベルによってはビジネスマネジメントコースに参加可能。世界で活躍できる人材を目指すことができます。

もうひとつのおすすめ、ホスピタリティがお勧めな理由はその地理的優位性にあります。ブリスベンとゴールドコーストは、世界的にも有名な観光地であり、おもてなし産業が非常な盛んな地域です。

また、TAFEクイーンズランドで学んだ後は、州内の大学に編入がしやすいというのもお勧めする理由です。

気になる留学費用は?どのくらいかかるのか調べてみた

クイーンズランド州のTAFEで勉強する場合、どのくらいの学費が必要になるのか調べてみました。

コース名ビジネスディプロマ
期間1年間
費用AU$14,000
滞在費用
(ホームステイ)
AU$300x48週間
=AU$14,400
総額AU$28,400
日本円約245万円

※上記オーストラリアドル換算レートは2021年4月の海外送金レート(T.T.S)にて算出しています

希望するコースや期間によって当然費用は大きくことなりますが、おおよそ必要となる金額としてお考えください。

上記にはオーストラリアまでの往復航空券費用、オーストラリア学生ビザ申請時に必要となる現地保険OSHC、任意で加入する海外旅行(留学)傷害保険費用は含まれていません。

ご希望のコース詳細はもちろん、入学条件を満たしていない場合(英語力が入学基準に満たしていない場合)は英語コースからの進路相談やお見積り作成まで、iae留学ネットにお問合せいただければ、迅速にご案内いたします。

学校キャンパス、日常風景

TAFEクイーンズランド校が公開している動画です

TAFEクイーンズランドのことならiae留学ネットにご相談ください

オーストラリア留学、TAFEクイーンズランドへの留学をご検討されているなら是非一度、iae留学ネットまでご相談くださいませ。

iae留学ネットは世界700以上の教育機関、合計1,500校以上との提携があり、TAFEクイーンズランドを含む提携機関・大学へのご案内は、手続き手数料が無料となっております。

あなたからのお問合せ、お見積り依頼等、お待ちいたしております。