このセミナーは終了しました

語学留学「基礎」無料セミナー

タイムスケジュール

10:50受付開始
11:00~12:00語学留学セミナー開始
13:00~14:00個別相談
※その場で無料留学費用見積もりサービスを承ります

対象者

  • 高校生、大学生、社会人、フリーター、シニア留学やワーホリをお考えの方
  • 語学留学をしたいけど、自分に合った国や地域がどこか分からない方

オススメ3つのポイント

  1. 国未定、都市未定、滞在方法未定の方へ留学プランを具体化
  2. 各国の必要な「ビザ」、「費用」、「気候」そして提供されるプログラムやアクティビティの違いを分かりやすく解説
  3. 国別の費用格差を知って、リーズナブルな国や地域を知る

語学留学の国選択

「留学先をどこにするか、どの学校に通うか迷う…」という最初の部分で迷っている方はすごく多いです。留学の目的や国によってあなたの留学プランは大きく変わってくることはよく知られています。

やりたいことがどの国でなら実現できるのか、国選択の参考になるヒントをカンタンにお伝えします。もちろんセミナーでは詳しい都市情報などもご紹介しますよ!

語学留学に必要なビザの種類

近日中の出発であれば、「学生ビザの手続きが必要かどうか」は渡航先を選ばれる際に重要なポイントとなります。

国別のビザ

★…留学手続き上、手間がかかる

 アメリカ

90日以内の留学の場合:アメリカの観光ビザ(ETAS)
※ただし週18時間を超えるフルタイムのプログラムは受講できませんので、フルタイムのプログラムを受講するのであれば、たとえ滞在期間が90日以内でも学生ビザが必要となります。
90日以上の留学、フルタイムのプログラム受講の場合:学生ビザ

 カナダ

6ヵ月以内の留学の場合:カナダの観光ビザ(eTA)
6ヵ月以上の留学の場合:学生ビザ ★
ワーキングホリデー(18~30歳まで申請可)の場合:6カ月就学可能 ★

 オーストラリア

3ヵ月以内の留学の場合:オーストラリアの観光ビザ(ETAS)
3ヵ月以上の留学の場合:学生ビザ ★
ワーキングホリデー(18~30歳まで申請可)の場合:3カ月就学可能 ★

 ニュージーランド

3ヵ月以内の留学の場合:ビザ不要
3ヵ月以上の留学、且つフルタイム(週22~25時間)のプログラム受講の場合:学生ビザ ★
ワーキングホリデー(18~30歳まで申請可)の場合:6カ月就学可能 ★

 アイルランド

短期~長期にかけての留学:学生ビザや滞在許可書の事前申請は不要
ワーキングホリデー(18~30歳まで申請可)の場合:就学期間の制限なし ★

 イギリス

6ヵ月以内の留学の場合:短期学生ビザ(Short Term Study Visa)
※イギリス入国時に空港で発行できますので、あらかじめ日本でビザ申請のための書類提出や面接を準備する必要はございません。
6ヵ月以上の留学の場合:学生ビザ ★
ワーキングホリデー(18~30歳まで申請可)の場合:就学期間の制限なし ★

 マルタ

3ヵ月以内の留学の場合:ビザ不要
3ヵ月以上の留学の場合:現地のバレッタにある移民局でビザの申請が必要★

 フィリピン(セブ島)

30日以内の留学の場合:ビザ不要
30日以上の留学の場合:Special Study Permitが必要となりますが、フィリピンの語学学校が代理で申請を行ってくれます

語学留学の渡航国選び

学校選びのポイントは、やりたいことがどこの国でなら実現できるのか、費用やその土地の気候などがご自身の希望と合致しているかをみることです。

ご自身の留学目的を明確にしていただき、その目的にあった渡航国をiae留学ネットがご紹介いたします。

語学留学目的の例

  • 短期の語学力アップ
  • 語学+シーズナルアクティビティ
  • ビジネス英語を学んで就職活動に活かす
  • 語学+ボランティア
  • 語学+インターンシップ
  • 大学付属の語学学校で現地のキャンパスライフを体感したい

気候

国や都市によって気候が異なるため、暖かい場所を好む方や寒い地域を避けたい方は要チェックです。

例えば、11月に留学へ出発するとした場合、暖かい地域を好むのでしたら、以下の渡航先がお勧めです。

アメリカ西海岸

人気留学先のロサンゼルスやサンディエゴですと、10月でも平均最高気温23℃と温暖な気候です。

オーストラリア

南半球に位置するオーストラリアは、11月はちょうど春の季節。夏に向かって徐々に暖かくなっていく時期です。

ニュージーランド

オーストラリアと同様に南半球に位置していますが、気温はオーストラリアよりもやや低め。オークランドの場合、平均最高気温は18℃程です。

マルタ

ピークの暑さが過ぎて、平均最高気温は21℃と過ごしやすい時期です。
フィリピン(セブ島):9~11月にかけては台風が比較的多い時期です。12~2月はフィリピンのベストシーズンになります。

各国の語学留学費用

留学期間を4週間として、授業料(週15時間履修)、ホームステイ費(1人部屋、1日2食)、空港ピックアップ費を含めたおおよその費用比較一例です。

設定される授業料や滞在費と為替レートの関係で、ここ近年、比較的リーズナブルな費用で留学できる国はカナダ、ニュージーランド、マルタ、フィリピンの4ヵ国です。

アメリカ(ロサンゼルス)¥364,000
カナダ(バンクーバー)¥246,840
オーストラリア(シドニー)¥293,625
ニュージーランド(オークランド)¥251,740
アイルランド¥297,370
イギリス(ロンドン)¥340,180
マルタ¥245,625
フィリピン(セブ島)¥219,235

※フィリピンの留学費用には授業料、食事代(1日3食)、寮費(2人部屋)、空港ピックアップ費、施設使用料が含まれています。

セミナーではこの費用を節約する方法や、他のプランの詳細な見積もりなどもいたします!

セミナーについてよくある質問

Q1:英語力が低いのですが、参加できますか?
A1:登校日に英語のレベルチェックテストを受けてクラス分けされるので、ご自分の英語レベルに合った環境で学んで頂けますからご安心ください。ただし、ビジネス英語やインターンシップといった一定以上の英語力を求めるプログラムもありますので、ご不明の際はカウンセラーにお尋ねください。

Q2:授業料が高い学校と安い学校で、何か違いはあるのですか?
A2:経験豊富な講師を採用していることがひとつの要因です。さまざまな資格と実績のある講師には、より高い給与が必要となります。手厚い学生ケアをするためにスタッフの人数が多ければ、その人件費もかかるため、授業料に影響してきます。また校舎の施設が充実していたり、最新の教材システムを取り入れていることなどでも費用に差がでます。
Q3:どのような滞在先になりますか?
A3:語学学校でホームステイまたはアパートの手配を行っております。滞在先の手配は、プログラム申し込み手続きを行う際に学校へ依頼できますので、ご要望をお伝えください。

Q4:授業料や滞在費はいつまでに支払うのですか?
A4:原則的に出願した直後に請求書が届き、お支払い後に入学許可書が発行されます。学校により手順が異なることもありますが、いずれの場合も渡航前にお支払いいただきます。

iaeカウンセラーからのヒトコト

川上 敦子

皆様にとっての「私に合った渡航先とは?」を発掘いただけるようなセミナー内容になっております。具体的に留学を決めていらっしゃらなくても、お気軽にご参加ください。

川上 敦子

語学留学をお考えの方向けのセミナー!わからないことはプロに聞くのがオススメです!

語学留学セミナー
日程:2017年9月9日(土)午前11時~(受付:午前10時50分)
場所:iae留学ネットオフィス »アクセスマップ

参加費:無料

このセミナーは終了しました