アメリカ大学進学情報

アメリカ大学進学情報

アメリカの大学進学を知ろう

アメリカの大学進学を知ろう

入学に必要な学歴は?

アメリカの大学(2年制/4年制)に入学する場合、高校卒業の資格が必要です。アメリカの大学には日本の大学のような、いわゆる「入試」が無いため、留学生の場合は出身高校の成績と英語力が入学審査の判断材料となります。

入学に必要な学力は?

アメリカ大学進学の場合、出身高校(編入の場合は大学も)の成績を提出します。いわゆる難関大学/人気大学になるほどよい成績が求められるため、英語だけでなく、他の科目でもよい成績を修めておく必要があります。アメリカの場合、成績が4年制大学への入学基準に満たしていない場合でも、より入学基準が緩やかな2年制大学(コミュニティカレッジ)から編入し、最後には4年制大学を卒業する方法もあります。

より経済的にアメリカ留学をする方法は?

アメリカ大学進学を上手に準備する方法として、日本政府が実施している「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」や、留学先の大学や政府をはじめ、さまざまな団体が奨学生を募集しているので、それらをうまく活用することをおすすめします。また、日本の各自治体(都道府県、市区町村など)が提供しているものあります。そのほか、私立大学より州立大学を選んだり、都市部は避けたり、シェアハウスをしたり、夏休みにSummer Sessionを受講して卒業までの時間を短縮させたりと、留学費用を安く抑える方法はたくさんあります。

費用はどれくらいかかる?

アメリカ大学進学は都市・エリア、選んだ留学スタイル、学校によっても変わってきますが、授業料と生活費(滞在費、食費、交通費、交際費など)を留学期間中、支払えるだけの十分な資金は必要です。平均的な州立大学の留学費用は、年間250~300万円程度となり、出願時に預金残高証明書を提出することが求められます。

アメリカの大学で学べる専攻は?

アメリカ大学進学で学べる専攻は多種多様です。自分が何に興味を持ち、何を学びたいかを考える必要があります。将来の仕事に直結した学問を選ぶか、仕事には直結しないがその学問を学ぶことで身につけた何らかのスキルが仕事に大きく結びつくこともあります。主な専攻にはビジネス、国際関係学、スポーツマネジメント、コミュニケーション、ジャーナリズム、映画学、言語学(英語教授法)、コンピューターサイエンス、アジア研究、航空宇宙工学、地質学、動物学、犯罪学、老年学、公園・レクリエーション・観光学などがあります。

アメリカ大学進学の概要

アメリカ大学進学について

アメリカ大学進学は、約4700の大学に世界の220ヵ国余りから留学生が集まっています。多様なニーズに応えられる専攻分野の幅の広さや進路を変更しやすい柔軟さは「自由の国」ならでは。

日本では専門学校で分野も大学の学位課程にあり、大学卒業資格と実践的な知識を身に着けて卒業できますので、大学で学んだ内容と就職する分野は密接に関係しています。即戦力となるスキルが身につくアメリカ進学は魅力的です。選択の自由が多くありますが、自己責任も伴います。途中で専攻分野を変更したり、他大学への編入も自由ですが、決断は自己責任の下で行いますので、それに伴うリスクも自身で背負う覚悟が必要です。「入学はし易いが卒業は難しい」のがアメリカの大学進学です。

アメリカ大学進学の他の経路

基本的にすべての学士号が4年制で、さまざまなパスウェイから進学・編入が可能です。SATやACTなどの入学試験が必要。アメリカ特有のリベラルアーツという専攻があります。

アメリカ大学院進学

基本的に2年間。GREやGMATなどの入学試験が必要です。

アメリカ大学進学の専攻分野

  • 人文科学(文学、語学、哲学、心理学等)
  • 一般教養(総合科学、リベラルアーツ)
  • 工学(エンジニア、IT、コンピュータ)
  • 医療(看護、福祉、介護、生活科学)
  • ビジネス、法律(経済、金融、会計、国際関係、貿易)
  • 芸術、クリエイティブ(美術、デザイン、映像)
  • 音楽・アート(演奏、ダンス、演劇)
  • ホスピタリティ(ホテル、観光、イベント)
  • サイエンス(科学、物理、化学、数学)
  • 農業系(農業、水産、森林、畜産)
  • 教育(幼児教育、中高等教育)
  • 健康科学(生活、食物、栄養、スポーツ)
  • メディア(コミュニケーション、情報)
学校検索

アメリカ大学進学の費用

都市や、滞在方法によっても異なりますが、概ねの平均料金は以下のとおりです。

1年の概算 授業料 生活費 滞在費
大学 340万円 55万円 130万円
大学院 390万円 55万円 130万円

アメリカ大学進学の基礎知識

  1. 世界で最も留学生を受け入れている国
  2. 受け入れ教育機関の種類も世界一
  3. どんなことでも勉強できる専攻分野の幅広さ
  4. 恵まれた環境と面倒見のよい教育

2年制から4年制の総合大学に編入する道も

アメリカの2年制大学は、日本の短大と違い約9割が男女共学で、卒業時に4年制大学の3年次への編入をめざす「大学編入プログラム」と、卒業後すぐに仕事に就くことを前提とした「職業訓練プログラム」が提供されています。

編入プログラムの内容は、4年制大学の1、2年次に相当するもので、この時点で将来専門的に学びたい分野の基礎的な科目を併せて履修することもできます。4年制大学への留学を希望している人で、英語力や留学資金が不足している場合、まずは2年制大学の編入プログラムに入学し、卒業後に希望する4年制大学へ編入、という道を考えてみるのもいいでしょう。

英語力が足りなくてもOK

アメリカの大学のなかには英語力が入学基準に達していなくても他の条件をクリアしていれば「条件付き合格」を認めている大学もあります。まず付属の語学学校に入学し、既定の授業を一定の成績で修了することで、大学編入が認められます。

世界一の学校数&多彩で柔軟なプログラム

アメリカ大学進学で選べる学校数は、他国と比べて圧倒的学校数を誇ります。刻々と変化し続ける社会の動向と学生のニーズに対応した学科が設立されたり、新しい授業が開講することもあります。

アメリカの大学に留学するには

アメリカの大学に留学するには 日本の高校を一定以上の成績で卒業し、一定レベルの英語力があれば留学が可能です。日本の大学や短大から編入する方法もあります。アメリカの短大には、高校での成績は特に問わない学校が多く、幅広い学生を受け入れています。

4年制大学

総合大学 University / College

  • 修業年数:4年間
  • 学生数:1,500人~50,000人
  • 取得できる学位:学士号
  • 専攻の特徴:多岐にわたる

リベラルアーツカレッジ Liberal Arts College

  • 修業年数:4年間
  • 学生数:1,000人~10,000人
  • 取得できる学位:学士号
  • 専攻の特徴:一般教養科目重視で、幅広い分野の科目を履修する。名門女子大学もある

2年制大学

コミュニティカレッジ Community College

  • 修業年数:2年間
  • 学生数:3,000人~30,000人
  • 取得できる学位:準学士号
  • 専攻の特徴:「4年制大学編入コース」と「職業訓練コース」に分かれる

アメリカ大学進学の人気校

San Francisco State UniversitySan Francisco State University
University of Massachusetts BostonUniversity of Massachusetts Boston

アメリカ大学進学の入学条件

アメリカ大学進学の入学条件

California State University, Long Beach TOEFL 61 / IELTS 5.5 GPA 2.0
University at Albany TOEFL 70 / IELTS 6.0 GPA 3.25
San Diego State University TOEFL 80 / IELTS 6.5 GPA 3.0
San Francisco State University TOEFL 61 / IELTS 6.0 GPA 2.5
University of Massachusetts Boston TOEFL 79 / IELTS 6.0 GPA 3.0

アメリカ大学院進学の入学条件

California State University, Long Beach TOEFL 80 / IELTS 6.0 GPA 3.0
University at Albany TOEFL 79 / IELTS 6.5 GPA 3.6
San Diego State University TOEFL 80 / IELTS 6.5 GPA 3.0
San Francisco State University TOEFL 80 / IELTS 7.0 GPA 3.0
University of Massachusetts Boston TOEFL 90 / IELTS 6.5 GPA 3.0

アメリカ大学進学に必要なビザ

アメリカ大学進学・大学院進学に必要なビザ

学生ビザ(F-1ビザ/M-1ビザ)

学生ビザはアメリカ国内の教育機関のプログラムに一定期間フルタイムで在籍する目的で渡米する際には取得が必要です。申請には受入校からのI-20(留学生資格証明書)が必要です。

F-1ビザ
最も一般的な学生ビザです。アメリカ国内の認定大学、私立高等学校、認可された英語プログラムに留学する場合に取得が必要です。週18時間以上の授業を受ける場合は期間の如何に問わずF1ビザが必要です。
M-1ビザ
アメリカ国内の機関で非学術的もしくは職業的な教育や研修を受ける場合に必要なビザです。

※アメリカ学生ビザ関連サイト

J-1ビザ(交流訪問者ビザ)

このビザの取得にはアメリカ国務省・教育文化局に指定された団体または大学の交流訪問者プログラムに参加し、受け入れ期間からDS-2019と呼ばれる資格証明書が必要です。日米のいずれかの政府の援助(フルブライト奨学金など)を受けて教育・研究目的で渡米する方、専門技術系の研修プログラムに参加する(医学研修生など)方、アメリカの大学で客員講師や客員研究員として留学する方はJ-1ビザ対象です。

※インターンシップ(アメリカの雇用主とのインターンシップを通じて実習を受ける)を希望する場合は、交流訪問者(J-1)ビザまたは研修(H-3)ビザが必要になります。

※アメリカ研修者ビザ関連サイト

アメリカ大学進学メール相談
アメリカ大学進学カウンセリング予約

アメリカ留学に関するコラム

1月入学が間に合うシアトル周辺コミュニティカレッジ7選

1月入学が間に合うシアトル周辺コミュニティカレッジ7選

2022年09月24日

カリフォルニア州コミュニティカレッジ進学セミナー

カリフォルニア州コミュニティカレッジ進学セミナー

2022年09月21日

サンフランシスコ州立大学に英語条件低めでも入学できる方法(スカラーシップあり)

サンフランシスコ州立大学への1月入学を目指すパスウェイプログラム

2022年09月18日

寮滞在ができるアメリカ大学オンキャンパス語学学校6選

寮滞在ができるアメリカ大学オンキャンパス語学学校6選

2022年09月15日

ハワイ留学なら豊富なコース選択が可能なGlobal Village English Centersがおすすめ!

ハワイ留学なら豊富なコース選択が可能なGlobal Village English Centersがおすすめ!

2022年09月13日

温暖なフロリダ州、今からでもリーズナブルな南フロリダ大学への9月入学は目指せます

フロリダの観光地タンパにある南フロリダ大学で秋入学を目指そう

2022年09月09日

カリフォルニア州立大学でも人気のロングビーチ校で単位履修、Study Abroad @ the Beach

人気のカリフォルニア州立大学ロングビーチ校で休学留学&認定留学(2023年版)

2022年09月05日

ニューヨークで語学留学するなら、ELSランゲージスクールニューヨーク校に決まり!

ニューヨークで語学留学するなら、ELSランゲージスクールニューヨーク校に決まり!

2022年09月03日

留学コラム
留学アカデミー
アメリカ大学進学メール相談
アメリカ大学進学カウンセリング予約
無料ダウンロード

語学留学にご興味のある皆様へiae留学ネットのデジタルパンフレットを無料でダウンロードしていただけます。語学留学の費用やオススメの語学学校、知っておくべき語学留学TIPSをご紹介しています。

PDFをダウンロード