オーストラリア大学進学情報

日本と異なる教育システム、TAFEからの編入も可能

将来、海外で活躍したいと進学先としてオーストラリアを選んだあなた、正解です。

オーストラリアの大学進学留学なら、英語力が不足していて語学コースからスタートしても学生ビザでアルバイトが可能。さらに、オーストラリアの大学で学士号、または修士号を取得すれば、卒業した後も働くことができます。

Group of 8(Eight)と呼ばれる名門大学は、世界大学ランキングにも名を連ねており、世界から集まる留学生が入学を目指しています。

日本の高校を卒業した後、オーストラリアの大学進学するためにはファウンデーションと呼ばれるプログラムに参加する必要がありますが、実はその他にTAFEという学校からの編入学も可能となっています。

海外への大学進学を考えるなら、学費も気になりますよね。決して安くはないオーストラリア大学進学に必要な学費を、おすすめの学校を選んで比較しやすく一覧にして紹介します。

オーストラリアへの大学進学留学、まずは基本情報を知ろう

オーストラリアの大学進学を考える場合、まず基本情報として日本とオーストラリアの教育制度の違いを知る必要があります。

オーストラリアの高校はイギリス、ニュージーランドと同じ教育制度となっており、大学進学を希望する高校生は出願までに、希望する大学・学部が求める科目を履修、優秀な成績で単位を取得する必要があります。

オーストラリアの高校生は、日本の高校2・3年生にあたるYear11・12の間に大学出願に必要な勉強を終え、希望する大学・学部へ出願、成績次第で合格の可否が決まります。

日本の高校を卒業してオーストラリアへ大学進学をする場合、「オーストラリアの大学が求める科目」を履修していないため、ファウンデーションコースと呼ばれる大学進学のための準備コースで勉強をします。

このファウンデーションコースに参加するのにも日本で受験勉強をしてきた高校生には非常に厳しい高い英語力、平均以上のGPA(Grade Point Average、成績平均点)が必要になります。

日本の大学と違い、入学試験(大学入試)は存在せず、これまでどれだけ真剣に勉強をしてきたかが記載された学校の成績で勝負!となることを覚えておいてください。

オーストラリアの大学進学留学、まずは出願準備から

オーストラリア大学進学留学のための出願について説明します。

希望する学校の出願期間(開始~締め切り)を確認し、できるだけ早いタイミングで出願するように心がけます。出願に必要な書類は大学・学部により異なりますが、基本的に以下が必須となります。

オーストラリア大学進学、出願に必要な書類

出願に必要な書類
  • 英文成績証明書
  • 英文卒業証明書
  • 学校が求める英語力証明書
  • 英文の出願動機書
  • パスポートコピー

高校生が卒業後にオーストラリアへの大学進学を希望する場合には、出せるところまでの英文成績書(3年生1学期、または2学期修了時)で出願、審査の上で入学が可能と判断された場合には、条件付き入学許可が出ます。

高校卒業後に成績証明書および卒業証明書(どちらも英文)を再度提出することで正式な入学許可をもらうことができます。

世界大学ランキングに名前が出てくるGroup of Eightレベル、または学部によっては出願動機書が求められます。

英文でなぜ学校・コースを選んだのか、入学後に何を学び、将来、どんなビジョンを持っているか分かりやすく、かつアカデミックな英文で作成しなければなりません。

オーストラリアの大学は2学期(3学期制の学校もあります)、2月と7月に学期がスタートします。日本の高校生の場合には7月入学を目指すことになりますね。

人気は観光業、旅行やホテル含むホスピタリティ

オーストラリアは観光、ホテル業や旅行業の人気が高く、それに伴うホスピタリティコースを希望する学生が多め。

ホテルコースの場合には、学期間中、実際にホテルでフルタイム就業することを単位とするものもあり、オーストラリアでの学費、生活費を稼ぐことも可能。

学士号(大学卒業資格)以上の学位を取得して大学を卒業すれば、オーストラリアで働ける、ワークパーミット(就労許可)申請ができるので、海外での実務経験を積むことができるのも、海外進学先としてオーストラリアを選ぶ大きなメリットですね。

その他、ビジネスやコンピューターサイエンス、海に囲まれたオーストラリアらしく海洋生物学も有名です。

もう1つ、オーストラリアが海外大学進学でおすすめである理由は給料の良さ。2019年7月時点でのオーストラリア、フルタイムまたはパートタイム(アルバイト)の最低賃金はAU$19.49。

大学を無事卒業できれば、就労許可が出ている期間しっかりと良い給料でキャリアを積むこともできる、大きなメリットがオーストラリア大学進学留学にはあります。

世界ランキングでも上位、Group of Eightや人気の大学について

名門8大学

オーストラリアにはGroup of Eightと呼ばれる名門校があり、以下の8つの大学を指しています。

  • オーストラリア国立大学(世界ランキング24位)
  • ニューサウスウェールズ大学(世界ランキング45位)
  • クイーンズランド大学(世界ランキング48位)
  • 西オーストラリア大学(世界ランキング91位)
  • モナッシュ大学(世界ランキング59位)
  • メルボルン大学(世界ランキング39位)
  • シドニー大学(世界ランキング42位)
  • アデレード大学(世界ランキング114位)

*QS World University Ranking 2019を参照にしています

いずれも非常に人気の高い大学であり、入学に求められる要件は非常に厳しくなっています。日本の高校からの進学を考えるのであれば、高校入学後から音楽や美術、体育なども含むすべての科目で良い成績を取ることが前提条件。

GPA(Grade Point Average)は日本の大学受験に必要となる英数国理社、といった科目だけでなく、その他の科目も含め、高校在学中に履修した科目すべての成績の平均値となるためです。

その上で、各学校のファウンデーションコースに出願します。出願時に必要となる書類は以下。

  • 入学願書
  • 英文成績証明書(GPAが記述されたもの)
  • 英文卒業証明書
  • 英語力の証明書(TOEFL、IELTSなど学校が指定する試験による証明書)

その他、学校・学部によりますが英文での志望動機書や履歴書(Curriculum Vitae、CVといいます)、ポートフォリオや英文推薦状が求められることもあります。

オーストラリアに限りませんが、大学に直接出願する場合にはできる限り早く学校・コースを決め、準備・対策をしていかなければなりません。

成績は大丈夫だけど英語力が不足しているなら是非、相談を

オーストラリア進学に向け、勉強を頑張ってきたけど、英語力だけがどうしても学校が求めるスコアに及ばない、というあなたへ。

まずは「仮」の入学許可書をもらうため、出願しましょう。この仮入学許可書とは、入学願書と成績証明書を先に提出することで、語学力さえクリアできればコースを開始できる入学許可書のことを指します。

各大学、附属の英語コースがあるため、仮入学許可をもらったら、その附属英語コースで語学力を磨き、学校側が求める英語スコアの取得、または規定の英語コースレベルクリアをすることで、次の学期から大学(ファウンデーション)コースを開始することができます。

オーストラリアで行きたい大学が決まっているなら、是非一度、iae留学ネットにお問合せください。ご相談、カウンセリング完全無料、さらにご希望の学校がiae提携校であれば、お手続き・サポートも完全無料です。

経験ある留学カウンセラーがオーストラリア大学進学の学校選びをお手伝い

オーストラリアへ大学進学を考えてはいるものの、まだ学校が決まっていない、どうやって選べば良いのかわからない、そんなあなたのためにiae留学ネットはあります。

経験豊かなカウンセラーが、あなたのご希望、勉強したい内容や暮らしてみたい場所の、現在の語学力などの条件を踏まえ、ぴったりの学校・コースを提案します。

世界ランキングで上位にある学校はたしかに有名であり、だれもが憧れる学校ですが、オーストラリアにはその他にも魅力的な進学先があります。何を学ぶのか、将来、どんなことをしたいのかをiae留学カウンセラーとしっかり相談し、あなたの夢を叶えましょう。

ファウンデーションとTAFE、希望する学校への入学を目指して

高い英語力が求められます

オーストラリア大学進学について、まずはファウンデーションコースからスタートとなることを簡単に説明しましたが、あなたはTAFEと呼ばれる学校をご存じでしょうか。

TAFE(Technical and Further Education)とは、公立の専門学校であり、オーストラリア各州が管理・運営をしています。

TAFEで学ぶ学生には、高校を卒業したばかりの10代、社会人ながらキャリアアップを目指す社会人や、TAFEから大学編入を目指すオーストラリア人学生、それから留学生と様々な人がいます。

さらっと触れましたが、アメリカやカナダのコミュニティカレッジからの大学3年次編入のように、オーストラリアでも編入による大学入学が可能なんですね。

それでは、オーストラリアの教育制度、システムについて説明しておきます。

教育制度の違い、日本の高校卒業後ならまずファウンデーションを

オーストラリアも大学編入留学が可能なんです

オーストラリアと日本の教育制度は異なっているため、日本の高校を卒業して、オーストラリアの大学へ進学する場合には基本的にファウンデーションと呼ばれるプログラムで基礎教養、それから語学力を磨いてから、3年間の学士号コースに参加します(コースによって期間は異なるものもあります)。

ですが、オーストラリアの大学の中には、日本の高校を卒業した後、直接、入学を許可してくれる学校もいくつか存在しています。とはいえ、日本の高校の成績が非常に優秀であること、学士号コースを開始するには非常に高い英語力が求められます。

高校2年生の後半や3年生になって、オーストラリア進学留学を考えてみたものの、あまり学校成績が良くない場合、ファウンデーション、大学進学をあきらめるしかないか、といえばそんなことはありません。

TAFEへ進学、ディプロマを取得して、編入学を目指しましょう。

高等教育機関TAFEのディプロマコースから編入学する方法

大学編入が可能な、TAFEのディプロマコースとはどのようなものか説明します。

まず、あなたが学びたい分野、学部を選ぶところからスタートします。ビジネスが学びたいと仮定すれば、TAFEのビジネスディプロマコースに出願し、ビジネス基礎やコミュニケーションなどについて学びます。

無事、コースを修了するとTAFEが提携している大学でビジネスに関する学士号コース、2年次に編入し、2年間(2・3年次)の勉強を無事終了することで学士号取得が可能となります。

アメリカやカナダのコミュニティカレッジと違う点は、基本的にTAFEが提携してる大学および学士号コースへ進むことができるものの、もし途中で違う大学、違うコースへの編入学を考えた場合、TAFEで取得した単位がすべて移管できるわけではない、ということを覚えておきましょう。

具体的に説明すると、ビジネスディプロマをスタートしたあなたは、オーストラリア留学中、ふとしたことがきっかけで旅行・ホテル業に興味を持ったとします。

すでにビジネスコースで単位を取得、まもなくビジネスでディプロマを取得でき、ビジネスコースなら今通っているTAFE提携の大学で指定コースに参加、残り2年で学士号(バチェラー)、大学卒業資格を取得できます。

ですが、どうしても旅行業をあきらめられずホテル・旅行業や、ホスピタリティで学士号を取りたい場合、希望する大学に出願、入学許可を得たのちにTAFEで取得した単位がどれくらい移管できるか、大学に確認しなければなりません。

移管できる単位が多ければ、3年かかる学士号取得コースが2年半で終わることもありえますが、場合によっては3年間通わなければならない可能性もある、ということです。

大切なのは、何を学び、将来どんな仕事就きたいかをしっかりと考え、大学編入に向け準備を進める、ということです。iaeの留学カウンセラーにご相談しながら、あなたの本当にやりたいことを一緒に見つけていきましょう。

iae留学ネットに無料相談してみる

おすすめ紹介、必要となる学費・生活費用の比較一覧表

留学に必要な費用について

TAFEからの編入学を含む、オーストラリア大学進学の流れやシステムについて説明をしてきましたが、海外進学留学で一番気になるのはお金、学費・留学費用の問題ではないでしょうか。

語学留学と違い、進学留学は学費が高く、希望する進路に必要となる学費をしっかりと下調べをしておく必要があります。

おすすめの学校、TAFE・大学を紹介しながら、それぞれの必要な学費を紹介していきます。

オーストラリア留学で学費以外に気になるもうひとつのお金、生活費用についてですが、世界で暮らしてみたい街ランキング上位に輝く、シドニーを例にご案内します。

シドニーの中心部、シティエリアで自分の部屋、個室を持ちたいなら週AU$300~、月に最低AU$1,200は必要。個室、といっても寝室が個室なだけで、アパートそのものはシェアです(オーストラリアではフラット、と呼びます)。

週AU$200レベルになると、1部屋を2名でシェア(1つの寝室に2つのベッド)、それでも月額AU$800はかかる計算ですね。日本人留学生の清潔好きを考えるとこのあたりが妥当ではないでしょうか。

もちろん、1部屋の人数が増えていくほど安くはなりますが、部屋、アパートそのものがキレイかどうか、自分自身の性格とあわせ、必ず現地で物件を見てから部屋は決めるようにしてくださいね。

食費は男性・女性、さらに人によっても異なります。進学留学は年単位の長期留学、できる限り外食は抑え、スーパーでパンやハムを買い、サンドイッチを作る生活を心がけて。1か月AU$150~AU$200くらいに抑えましょう。

その他、通学に必要な交通費をAU$50、インターネット使用料(WIFI、使用量によります)もAU$50とします。

月あたりの生活費用、AU$1,100くらいになりますね。この中には、季節ごとに購入する衣類、学校で出会う友人たちとの外食やカフェなどでの軽食は含まれません。

シドニー大学(the University of Sydney)が提示している、月額の概算生活費用はAU$1,690としています、ご参考までに。

それでは、続いてiaeがおすすめするTAFE、大学を紹介していきますね。

オーストラリア進学におすすめのTAFE、大学

まずはTAFEを3校、紹介します。

TAFE NSW

TAFENSW外観

オーストラリア最大規模のTAFE、TAFE NSWは10のインスティテュート、1,200を超えるコースを提供しています。

シドニー工科大学をはじめとする人気大学との提携もあり、英語コースでは一般英語からアカデミック英語、パスウェイプログラムも提供。語学を含め、学びたいと思うプログラムをきっと見つけることができるでしょう。

キャンパスも複数あるため、自分にあった場所選びも可能です。

TAFE NSWについて詳しく調べる

TAFE Queensland

TAFE Queensland風景

ブリスベンやゴールドコースト、サンシャインコースト、ケアンズといった人気都市にキャンパスを持つTAFE Queensland。

6つのインスティテュートに分かれており、180以上のプログラムを提供。1882年から続く、州内最大規模の高等教育機関です。人気の英語コースはブリスベン、ゴールドコースト、イーストコーストで受講可能。

7レベルに分けられた英語コースのうち、レベル4を修了することでIELTS対策やアカデミック英語コースに参加できるようになり、そこからディプロマを経て、グリフィス大学などの提携校へ編入学もできます。

TAFE Queenslandの詳細情報を見る

TAFE SA

TAFE SA外観

TAFE SAは、サウスオーストラリア州に52のキャンパスを持つサウスオーストラリア最大の職業訓練教育機関です。

地域の産業と密生な関係を構築していて、実際の労働環境で必要とされているスキルや専門知識を身に着けることができ、学生へのキャリアサポートが充実しています。

ウエスタンシドニー大学などの提携校へ、ディプロマからの編入学も可能、英語コースも提供しています。

続いてオーストラリアで人気の大学の紹介です。

TAFE SAについて調べる

シドニー工科大学

シドニー工科大学外観

オーストラリアでも新しい大学であり、2019年QS世界大学ランキング「50年以内に設立された大学」部門で11位に選ばれた、シドニー工科大学(UTS)。

シドニー・シティーの中心部にキャンパスがあり、日本の高校を卒業したあとの進学方法として附属のUTSインサーチにてファウンデーション、またはディプロマからの入学が可能。

人気のIT、コンピューターサイエンスの勉強をするための最新施設もそろっています。

シドニー工科大学を詳しく知りたい

マッコーリー大学

マッコーリー大学学内

マッコーリー大学はシドニーから北東へ進んだノースライドにキャンパスを構えています。

ビジネスコースは特に人気があり、そこからMBAプログラムを目指す学生も少なくありません。

学校の質の高さはお墨付き、キャンパス内施設も充実しています。学内ファウンデーションまたはディプロマからの入学も可能です。

マッコーリー大学の詳細情報を見る

グリフィス大学

グリフィス大学外観

グリフィス大学はゴールドコーストを中心に6つのキャンパスを持ち、実践的な学習ができる大学です。

世界大学ランキング上位2%に入る優秀な学校であり、ホスピタリティ、ツーリズム、ナーシングはオーストラリアでも最高レベルとなっています。

卒業後の就職率が高く、キャリアサポート専任スタッフが大学内に常駐。業界トップの管理職の方をメンターとしてスキルアップを図り、就職活動の相談もでき、地域企業とのつながりが非常に強い学校です。

グリフィス大学について調べる

モナッシュ大学

モナッシュ大学外観

オーストラリアのトップ8校、Group of 8の中で、ディプロマから編入コースを持つ数少ない学校。

モナッシュ大学は世界大学ランキングトップ100位内、とりわけビジネス、アート、教育に関してはオーストラリア国内トップレベル。世界各国の大学と提携し、多くの留学生を受け入れている国際的な大学でもあります。

3学期制で、最短2年(ディプロマ8か月、大学1.35年)で卒業も可能、修士課程2年を含め、4年でマスターが取得できます。

モナッシュ大学をもっと知りたい

クイーンズランド大学

クイーンズランド大学外観

オーストラリア第3の都市、ブリスベンに美しいキャンパスを持つクイーンズランド大学は、国内最高レベル、Group of 8に属する州内最古の大学です。

クイーンズランドは他のオーストラリアの大学とは異なり、ディプロマコースからの入学は不可、ファウンデーションプログラムからの入学しかできません。

大学入学に必要なGPAはあるものの、入学に求められる英語力が不足している場合には、附属英語コースで語学力を磨き、入学を目指すことも可能です。

クイーンズランド大学をもっと調べる

トレンズ大学

トレンズ大学風景

オーストラリアに3校しかない私立大学の1つ。ホスピタリティ、ヘルスサイエンスに強い学校です。

英語プログラムの費用がとてもリーズナブルなので、長期オーストラリア語学留学、または語学力がまだ不足しているものの将来、TAFEや大学へ進学を希望したいあなたにおすすめです。

2012年に新設された新しい設備の整う学校でもあります。

トレンズ大学を詳しく知る

各学校に1年間、通った場合の概算費用・比較一覧表

TAFEと大学を紹介させていただきましたが、やはり気になるのは、どのくらい費用が必要なのか、学費や留学中の生活費用ですよね。

紹介をさせていただいた各学校の学費をそれぞれ紹介していきます。コースにいくらにいくらかかるか、学費のみのご案内であり、留学中の生活費用は含まれておりませんこと、あらかじめご留意ください。

留学生活費用については滞在先となる都市により幅があります。すでに紹介させていただいた、シドニー大学が概算費用として提示しているシドニーの1か月あたりの生活費用はAU$1,690。

シドニーやメルボルンはオーストラリアでも生活費が高い都市なので、その他都市にあるTAFEや大学への進学留学に費用な生活費は若干安くはなります(特に家賃部分)、あくまで参照金額としてお考えください。

オーストラリア TAFEの学費について

オーストラリアのTAFEや大学はコースにより学費がそれぞれ異なります。これからご案内するTAFEの学費一覧はビジネスコースの学費を紹介しています、その他コースをご希望の場合にはiae留学ネットまでお気軽にお問合せくださいませ。

学校名学費(現地通貨)日本円
NSW TAFEAU$14,1401,141,000円
TAFE QueenslandAU$14,8001,195,000円
TAFE SAAU$14,2001,146,000円

オーストラリアドルの計算は2019年10月現在の海外送金レートを元に算出しています。
学費を比較すると分かりますが、TAFEの場合、学費に大きな開きはありません。

あなたの希望に沿う場所にあるかどうか、また大学編入を希望するのであればその大学との提携があるかどうかで学校を選びましょう。

オーストラリアの大学の学費を比較してみる

大学で勉強をする場合に必要な学費はいくらくらいになるのか、比較してみました。一覧表の費用には、申請費用、1年間の学費、オーストラリア留学の必要な保険(OSHC)が含まれています(その他の設備費などは含まれておりません)。

大学名学費(現地通貨)日本円
トレンズ大学AU$22,6001,824,000円
グリフィス大学AU$29,1002,349,000円
マッコーリー大学AU$38,1753,081,000円
シドニー工科大学AU$38,6603,121,000円
モナッシュ大学AU$45,6003,681,000円
クイーンズランド大学 AU$42,8823,461,000円

TAFEとは違い、学校ごとに大きな学費の開きが出ました。オーストラリアの名門大学群、Group of 8に入るモナッシュ大学、クイーンズランド大学はかなり高額な費用となります。

この比較表でもうひとつ、知っておいていただきたい点に、TAFEからの編入学のメリットがあります。TAFEは大学に比べ学費が安く、1年間のディプロマから大学への2年次編入をすることで大幅な学費の節約が可能となります。

希望する大学、コースが決まっていて、かつTAFEからの編入学が可能であるなら、留学費用節約のためにも、TAFEからのオーストラリア進学をご検討いただく価値は十分。

そうした条件に合う学校、コース探しは決して楽ではありません。是非、オーストラリア大学進学留学に自信のあるiae留学ネットへ一度、お問合せください。

オーストラリア大学進学留学を検討しているならiaeへお問合せを

いかがでしたでしょうか、少しでもあなたのオーストラリア大学進学留学の準備に役立てば幸いです。

iae留学ネットはオーストラリア進学留学に絶対の自信があります。日本の経験豊かな留学カウンセラーによるご案内、カウンセリングだけでなく、オーストラリア到着後の現地サポートも充実、提携している語学学校やTAFE、大学のご案内であれば手続き手数料も無料。

海外進学に興味はある、でも英語力もないのにどうしたらいいのかわからない、日本の大学に進むのが当たり前、だけど本当は海外、オーストラリアで勉強する夢があるなら、是非一度、iae留学ネットにご相談を、留学カウンセラーがあなたのモヤモヤをスッキリ解決します。

オーストラリア進学について相談する
オーストラリア大学進学メール相談
オーストラリア大学進学カウンセリング予約

オーストラリア留学に関するコラム

torrenswebinar200618top

6/18(木)Torrens University無料オンライン大学説明会開催!

2020年05月28日

おすすめオーストラリア留学

オーストラリア留学に関するあまり知られていない3つのおすすめの理由

2020年05月27日

ウーロンゴン大学附属語学学校 UOW College

休学・認定留学にぴったり!オーストラリア・ウーロンゴン大学付属カレッジ

2020年05月27日

utswebinar200627top

6/27(土)シドニー工科大学付属インサーチ無料オンライン説明会開催!

2020年05月25日

マッコーリー大学の単位認定制度(Recognition of Prior Learning)について

マッコーリー大学進学留学、オーストラリアで1年で取れるマーケティング修士号

2020年05月24日

uosinfotop

シドニー大学、オーストラリア最古の大学に入学するには

2020年05月22日

オーストラリア大学進学でおさえるべき学校

世界大学ランキング上位のオーストラリア名門校に進学留学!おさえておくべき13の学校!

2020年05月21日

就活を有利にする休学留学

休学留学におすすめ、オーストラリアへのホスピタリティ留学

2020年05月13日

留学コラム
留学アカデミー
オーストラリア大学進学メール相談
オーストラリア大学進学カウンセリング予約
無料ダウンロード

語学留学にご興味のある皆様へiae留学ネットのデジタルパンフレットを無料でダウンロードしていただけます。語学留学の費用やオススメの語学学校、知っておくべき語学留学TIPSをご紹介しています。

PDFをダウンロード