海外進学、出願方法やメリット、を紹介

経験豊かなカウンセラーが本当におすすめの学校をご提案

海外進学とは文字通り、海外の大学や大学院、または専門学校に進学することを目的とした留学。現地言語で専門分野を学び、資格や学位を取得してキャリアアップする方法のひとつです。

海外進学だからこそ得られるメリットとして、日本の大学とは違い、講義中、ディスカッションやプレゼンテーションに積極的な参加をしなければ単位がもらえません。受け身の勉強方法ではなく、積極的に学ぶ方法を身に着けることができます。

その他のメリットとして、これから日本でもどんどん進む国際化社会で求められるグローバルな人材として、海外進学の経験は大きなアドバンテージを持つことになります。

このページでは、そんな海外進学をするための方法や、単純に大学へ出願するだけではない、その他の入学方法、おすすめのプログラムについて紹介します。

海外進学はこんなあなたにおすすめ!

こんなあなたは海外進学すべき

海外への語学留学は、英語力・語学力を磨くための留学なので気軽に参加することができます。語学学校での授業を終えたら、世界中から集まるクラスメートと一緒に市内散策や、いろんなアクティビティに参加、お楽しみも多くあります。

海外の大学や大学院、その他の学校に進学留学をする場合も、語学留学と同じように楽しく過ごすこともありますが、勉強に割く時間が圧倒的に多くなります。

海外進学は決して楽なものではなく、語学力をはじめとする各種条件を満たすことはもちろん、何より強い決意が必要です。

そんな海外進学にはどんな人が向いているのか、紹介しますね。

海外進学で学位を取得、就職・転職、キャリアアップを目指す

海外進学で単位・学位取得をすることで、日本に帰国してからの就職・転職に大きなメリットになることはもちろん、留学先での就職、海外生活が可能になる場合もあります。

日本だけでなく、海外を舞台に活躍をしたい、海外生活をしてみたいと思うあなたには、海外進学がおすすめです。

興味ある学問、分野を本格的に勉強したいなら

海外進学なら、音楽やアート、建築など多岐にわたる様々な専門分野において、世界的に有名な学校で、レベルの高い教育を受けることができ、とことんまでスキルや知識を高めることができます。

興味ある分野でエキスパート・プロフェッショナルを目指すあなたなら、海外進学が絶対におすすめ。

大学院でMBA含む修士号を目指し、世界で活躍したい

日本の大学を卒業し、就職をしてはみたものの、海外で活躍・生活をしてみたいと思っているあなたへ。海外の大学院へ進学してみませんか?

MBA(Master of Business Administration、経営学修士号)をはじめ、大学院で学び、修士課程を修了することができると、海外で就職できる可能性もぐっと上がり、現地での生活、最終的には永住権も見えてきます。

大学卒業後の進路に悩む学生、日本社会よりも世界を基準に活躍したい社会人に、海外進学をおすすめします。

直接出願だけじゃない、入学にはいろんな手段があります

海外の大学へ出願・入学する方法

日本で高校を卒業、入学を目指す場合にも一般入試だけでなく、推薦や帰国性枠を利用するなどの出願方法があります。

海外の大学へ進学する場合にも、大学が指定する期日までに必要書類をそろえて直接出願、入学を目指す方法以外に、多様な入学方法があるので紹介していきますね。

直接出願、日本と違い入学試験ではなく、成績・人間性で審査

海外進学でもっともオーソドックスなのが直接出願。希望する大学が求める出願要件を確認し、締切日までに書類をそろえて手続きをする方法。

海外大学進学では、入学のための学力テスト、いわゆる入試はありません。海外の大学では、高校の成績や課外活動の実績をもとに審査が行わます。

海外の大学へ直接出願する場合、以下の書類が必要となります。

  • 高校の成績および卒業証明書
  • 志望動機書(エッセイ)
  • 推薦状(学校長や職場の上司によるもの)

高校の成績書、GPA(Grade Point Average)は英語や数学、国語等の主要科目だけでなく、体育や音楽などすべての成績の平均で算出されます。高校2年生後半以降に、あわてて成績を上げることは難しいため、直接出願を検討している場合には、高校入学時から準備を進めていくことになります。

その他、アメリカの大学ではSATまたはACTという学力テストのスコアを求められたり、イギリスやオーストラリア、ニュージーランドは日本との教育制度の違いから、ファウンデーションと呼ばれるプログラムで基礎教養および英語力の底上げからスタートします。

気になる出願時の語学力、英語の条件はTOEFLiBT61以上が最低ライン、IELTSなら5.5以上(どの科目でも最低5.0以上)が求められます。

ただ、英語力については出願時に必ず必要なものではなく、大学が規定する日までに必要スコアを取得すればOK。大学で勉強するための英語力にはちょっと遠い、という場合には大学付属の英語コースに参加し、規定レベルを修了することで単位取得コースを受講できるようになります。

注意点として海外の大学は出願受け付けから締め切りまでの期間が早めで短い学校もあります、くれぐれも出願が間に合わない、などのことがないよう遅くとも1年以上前から準備を進めておきましょう。

日本の学校から編入、注意すべきポイントについて

次の海外大学進学のための出願方法は、日本国内の大学在学中、または短期大学卒業後に履修した単位を現地大学に審査・認定してもらう編入留学です。

履修・取得した単位の成績平均点、GPAは最低でも2.5以上、その他にエッセイや推薦状を用意します。

ただし!注意が必要なポイントとして、日本の大学・短期大学で取得した単位がすべて認定されるわけではありません!

出願して入学許可をもらい、その上で通っていた大学・短期大学のシラバスを英訳してもらったものを提出、審査をしてもらった上で認定されるかどうか、決定されます(シラバス翻訳、大学側の審査は有料である場合がほとんどです)。

日本の単位が認められれば、卒業までに必要な単位数が減るので留学期間を短くすることができますが、確約されたものではない、ということを覚えておいてください。

もう1点、大学3年生以上の場合は現地大学編入ではなく、日本の大学を卒業(学士号取得)してから、海外の大学院へ進学することをおすすめします。

日本の大学であれば卒業資格、学士号取得は難しいものではありませんが、海外の大学で卒業資格、バチェラーを取ることは非常に難しく、日本の大学→海外の大学へ編入ができたとしても学士号取得は必ず取得できるもの、ではありません。

日本で大学を卒業、学士号を取得した上で、海外の大学で修士号、大学院進学を目指すことを強くおすすめします。

海外進学で大人気、コミカレやTAFE、ポリテクからの編入

海外進学で一番人気ながら、まだまだ認知がされていないのいがアメリカやカナダのコミュニティカレッジ(コミカレ)、オーストラリアのTAFEやニュージーランドのポリテクニックといった高等教育機関から大学への編入留学です。

この方法には2つのメリットがあります。1つ目は、入学が大学に比べ簡単であること。出願に必要な条件は18歳以上で高校卒業資格があること、学校によっては高校卒業資格が不要なところもあります。

メインコースに参加するために求められる英語力も大学に比べて低め。高校3年生になって海外進学を目指すようになった、社会人になったけど海外の大学で勉強してみたいという人におすすめのコースです。

もう1つ、これらの学校を選ぶメリット、おすすめのポイントは費用が安く抑えられること。どの国でも留学生が大学プログラムに参加する場合、学費が非常に高額なのですが、コミュニティカレッジ(コミカレ)をはじめとするこれらの学校の学費は非常にリーズナブルです。

大学への編入時には高校の成績ではなく、コミュニティカレッジ(コミカレ)などの学校成績のGPAで審査されるため、海外の大学進学のための準備が少し遅れてしまったあなたのセカンドチャンスになりえます。

知っておくべきこととして、2年生大学で良い成績を取るということは決して容易ではなく、昼夜問わず分厚い外国語の教科書に向き合いながら、ディスカッションやプレゼンテーションの準備を続け、積極的な講義参加が必須です。

寝る間を惜しんで勉強する根性が必要であることをおぼえておいてください。

英語・語学ができなくてもOK?おすすめプログラムを紹介

海外進学プログラムあれこれ

海外進学に興味はあっても、海外の大学で勉強できるほどの英語力はないから、とあきらめないで!

海外進学プログラムは英語力にまだ自信がないあなたにも、現地大学で勉強できるように考えられたものがいくつもあります。

本気で海外で学びたい、そうした強い向学心があれば、高い語学の壁もクリアできますよ。

海外進学しやすいパスウェイプログラム

パスウェイプログラムとは、大学へ直接出願・入学するよりも、出願要件が緩く設定されている海外進学プログラム。

海外の大学で学ぶための英語力の強化(TOEFL・IELTSといったアカデミック英語対策)をはじめ、SATやACT、GREやGMATなどの学力試験準備や、学部参加に必要な科目について学ぶことができます。

パスウェイプログラムを規定の成績以上で修了することで、希望する大学の2年次進級が保証されています。

教授による指導で基礎教養を学ぶリベラルアーツカレッジ

リベラルアーツカレッジは小規模な学校が多く、一般教養課程科目を中心に勉強する大学です。

教授による講義は学生比率が1:16程度、少人数制のクラス編成でしっかりと勉強できるのが特徴。

教授の仕事はTeaching(ティーチング・教えること)なので、リサーチ系の総合大学とは違い、教授自らが教鞭を執ります。

海外の大学では私立校が多くなっています。

英語力が足りなくても条件付き入学があります

条件付き入学とは、希望する学校への出願をする際に英語力のみ基準に満たない場合に、規定の英語力をクリアすれば入学できる、条件付きの合格を指します。

大学付属の英語コースの規定レベル、または提携している私立語学学校で語学力を磨き、求められる英語スコア(TOEFLやIELTS)を取得する、または規定されているレベルを修了することで大学メインコースをスタートできます。

日本の高校生活で、優秀な成績を取得していて、部活動や生徒会、その他ボランティアなどの課外活動に積極的に参加してきたものの、どうしても英語だけ間に合わなかった、というあなた。

先に仮の合格をもらうことができれば、あとは現地で英語を磨くだけで海外大学生活を始められますよ。

大学エクステンションでビジネス、英語教授法を学ぶ

海外大学進学とは少し違いますが、大学3・4年生から社会人の方には、キャリアアップのための大学エクステンション留学がおすすめです。

名門大学が海外からの留学生のため、英語コースやビジネスプログラム、英語教授法などを提供しており、プログラムを修了すると証明書をもらえます。

人気のビジネスコースでは、基礎から経営やマーケティングなどの専門コースを受けることもでき、実務経験のある社会人のあなたなら、ビジネスマネジメントコースでキャリアアップを目指すこともできます。

現地インターンシップに参加できるプログラムもあり、海外での就労経験も可能です。

iae 留学ネットなら海外進学に関する相談・お問合せ無料

海外で勉強をしてみたい、大学や大学院への進路をお考えなら是非一度、iae 留学ネットへご相談ください。経験豊かなカウンセラーがあなたの希望を確認した上で、おすすめのプログラムを紹介します。

もちろん、相談・カウンセリングは無料です、海外進学留学に悩むあなたからのご連絡をお待ちしています。

海外大学進学について無料相談・問い合わせをしてみる
海外進学について無料メール相談
海外進学について無料電話相談
留学先を検索
留学アカデミー
無料ダウンロード

語学留学にご興味のある皆様へiae留学ネットのデジタルパンフレットを無料でダウンロードしていただけます。語学留学の費用やオススメの語学学校、知っておくべき語学留学TIPSをご紹介しています。

PDFをダウンロード