あなたのお気に入りの学校
あなたのお気に入りの学校
ヴォケーショナル留学|iae留学ネット

ヴォケーショナル留学

ヴォケーショナル留学とは

最短4日で海外資格を取得!ワーホリに必要な資格から本格ビジネス資格まで、留学をキャリアの第一歩に!

海外の大学、大学院、専門学校などでその国が正式に認定している資格取得を目指す留学のスタイルです。最短4週間で取得できる日本政府が認めている幼児英語教師資格、専門学校や大学エクステンションで3か月程度で取得できる専門資格、語学力がある方は最短8ヶ月で取得できる修士号など日本には無いさまざまな資格取得ができます。

ヴォケーショナル(Vocational)とは、「職業の、職業指導の」という意味で、ヴォケーショナルプログラムを提供している学校をヴォケーショナルスクール(Vocational School)と呼びます。大学などの理論を中心的に学ぶ学校とは異なり、日本の専門学校のように理論と実技を同時に学び、卒業後すぐに手に職をつけるのが本来の目的です。英語圏の国では、大学院レベルでこのようなプログラムを開講しており、転職やキャリアチェンジの際にその分野の基本的な知識を学べるプログラムもあります。

語学学校などのプログラム修了時に貰える修了書とは異なり、その国が認める正式な資格ですので海外就職やグローバル企業への就職を目指す方には、海外の資格取得が役立つこともあるでしょう。

どこの国で学べるの?

iae留学ネットのヴォケーショナル留学では、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、スイス、スペインで資格取得ができる学校をご紹介しております。

留学生に人気のあるプログラムは、カリフォルニア大学群のエクステンションプログラムです。修了書の取得となりますが、大学院レベルのプロフェッショナルプログラムを受講できます。詳しくは、エクステンション留学のページをご覧ください。

語学学校、コミカレ、カレッジ、大学、大学院とご自身の学歴や英語力に合わせてさまざまなプログラムが受講可能です。専門学校レベルから大学院レベルまで幅広い分野の資格取得制度が充実しているのは、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどのイギリス英語圏です。その中でも、ヴォケーショナルプログラムを開講している学校数がダントツで多いのは、オーストラリアです。

どんなコースが受講できるの?

ヴォケーショナルプログラム一例

ワーキングホリデーが盛んなオーストラリアでは、ワーキングホリデービザ保持者が法律上就学を許可されている最大17週間の期間の中で資格取得にも挑戦できる様、1日で取得できるバリスタ資格から4ヶ月で取得可能な準修士号まで多種多様なプログラムがあります。

数日間で取得可能な資格

RSA(Responsible Service of Alcohol)、Food Safety、Barista、RCG(Responsible Conduct Gambling)などが取得可能です。これらの資格は、現地の飲食店やカフェなどでアルバイトを希望する人は必ずと言っていいほど雇用先から取得を求められる資格です。比較的仕事が見つけやすいホスピタリティ系のアルバイトを探す前に、取得しておきましょう。

RSA お酒を提供する場に従事する際に必須の資格。
Food Safety 調理師やパティシエなど厨房での仕事に従事する際に必須の資格。
Barisita コーヒーを提供する場でバリスタとして従事する際に必須の資格。
RCG カジノなどスロットマシーンなどがある場に従事する際に必須の資格。

1~3ヶ月で取得できる資格

ケンブリッジ英検などの英語検定をはじめ、J-shine(小学校英語指導者認定)やTESOL(英語教師資格)などの教員養成資格があります。女性に人気のキャビンアテンダント育成コースが7週間で取得できる学校もあります。

ケンブリッジ英検 TOEICなどの英語検定試験のように2年間で有効期限が切れてしまう検定とは異なり、一度取得すれば生涯有効な資格として使う事ができます。スピーキング試験は試験管との面接形式ではなく、他の受験者との対話になるので「英語が使えるか」で合否が左右されます。英検のようにいくつかレベルがありますが、FCEレベルから履歴書などにも記載できる国際英語資格です。
J-shine 日本の小学校で英語教育が盛んになるにつれて人気が出てきた小学校英語指導者認定のこと。日本の文部科学省認定の資格となる為、帰国後小学校の臨時英語教師や幼児英語教育を行っている塾などで英語教師として従事することができます。日本でも取得可能ですが、海外で取得する場合、現地の幼稚園などでの実習がふくまれています。
TESOL 英語教師資格のこと。一般的には、大学院レベルの資格を取得し語学学校や大学で英語を教える人が多いですが、オーストラリアではTOEIC500点ほどで入学できるTESOLコースもあります。TESOL有資格者は、子供から大人まで幅広い世代に英語を教えられますので、帰国後も英語環境に身を置くことができ、一定の英語力を保持できる利点もあります。
キャビンアテンダント育成講座 航空会社や空港のグランドスタッフとして働くためには、英語力が必須です。また、接客や搭乗者からのあらゆる要望に柔軟に対応するスキルなど、キャビンアテンダントやグランドスタッフとして従事するためのいろはを学びます。ブリスベン国際空港の式内にあるキャンパスで実際に航空機を使い行う実習もあり、航空関係での仕事を目指す方の第一歩としておすすめです。

4ヶ月~10か月で取得できる資格

私立カレッジから大学院レベルまでさまざまな資格に挑戦できます。4レベルに分かれているサーティフィケートプログラムですが、サーティフィケート3と4のレベルであれば、現地で職業審査を受けることも可能です。日本の専門学校卒業同等レベルのDiploma(ディプロマ)やAdvanced Diploma(アドバンスドディプロマ)も6ヶ月程度取得できるものもありキャリアチェンジにも活かせます。また、大学卒業以上の方はGraduate Certificate(グラデュエートサーティフィケート)やGraduate Diploma(グラデュエートディプロマ)と言われる準修士号も4ヶ月~8ヶ月で取得可能です。

TAFEやカレッジで受講できるコース

学校名 専攻分野
TAFE(テイフ):オーストラリア政府が運営管理をする職業訓練で、オーストラリア全土に約80のキャンパスがあります。 翻訳/通訳、医療/福祉、ホスピタリティ/ビジネス、美容/理容、工学/科学、芸術/クリエイティブ、航空/自動車、建築/デザイン、農業/海洋
Martin College/マーティンカレッジ ビジネス、マネジメント、マーケティング、デザイン、ウェブデザイン、IT、イベント、観光、インテリアデザイン
Kaplan Business School/カプランビジネススクール ビジネス、経営管理(専門学校卒同等レベルの資格から大学院レベルまであります。)
Think Education/シンクエデュケーション デザイン、ビジネス、ホスピタリティ、マッサージ/美容、スポーツコーチング
ILSC/アイエルエスシー ビジネス、国際ビジネス、国際貿易、カスタマーエンゲージメント

大学院レベル

学校名 専攻分野
Blue Mountains International Hotel Management School 国際ホテルマネジメント、グローバルビジネスマネジメント
Univesity of New South Wales 多数
Monash University 多数
University of Queensland 多数
Griffith University 多数

どの位の費用が必要なの?

コースコース/資格の種類 期間 金額 必要英語力
働くために必要な資格 1日~4日 $50~$100程度 特になし
J-shine 4週間~8週間 $2,000程度~ 特になし
ケンブリッジ英検 8週間~10週間 $4,500程度 中級程度
TESOL 8週間~10週間 $4,000程度~ 中級程度
キャビンアテンダント育成講座 7週間~ $6,500程度~ IELTS5.5
サーティフィケートプログラム 15週間~1年間 $3,000程度~ IELTS5.5
ディプロマプログラム 16週間~1年間 $6,000程度~ IELTS5.5
大学院レベルの資格 16週間~2年間 $9,000程度~ IELTS6.0~6.5

英語力に自信がなくても大丈夫!

大学生や社会人の方で、IELTSやTOEICなどの英語試験のスコアレポートをお持ちでなくてさまざまな資格取得に挑戦できます!専門学校やTAFEの場合は、英語試験のスコアレポート無しでも学校独自の英語の入学試験があり、iae留学ネットのオフィスで無料で受験する事ができます!

またテスト結果が入学基準に達していない場合は、提携語学学校で英語プログラムを何週間学べば入学できるかまで教えてくれます。

ヴォケーショナル留学の例

英語資格の場合:ケンブリッジ検定FCEレベル

入学条件:IELTS5.0または学校規定の入学テストで中級以上

学校規定の入学試験をiae留学ネットオフィスで無料受験

合格の場合 不合格の場合

そのまま正式入学

ケンブリッジ検定FCE
10週間(約45万円)

学校から条件付き入学証明書が届く

※条件付き入学証明書には、テストの結果に応じて英語コースの受講期間が指定されています。

一般英語コース
5週間(約15万円)

ケンブリッジ検定FCE
10週間(約45万円)

マーティンカレッジのビジネスサーティフィケートプログラムの場合

入学条件:IELTS5.5、TOEIC700または学校規定の英語テストでそれ相当のレベル

学校規定の英語テストで不合格になった場合でも、提携語学学校のエンバシーイングリッシュで英語コース学べば入学できます。

マーティンカレッジ規定の入学試験をiae留学ネットオフィスで無料受験

合格の場合 不合格の場合

そのまま正式入学

マーティンカレッジ
サーティフィケートプログラム
15週間(約50万円)

学校から条件付き入学証明書が届く

※条件付き入学証明書には、テストの結果に応じて、マーティンカレッジの提携語学学校のエンバシーイングリッシュでの英語コースの受講期間が指定されています。

エンバシーイングリッシュ
一般英語コース
10週間(約30万円)

エンバシーイングリッシュ
進学準備英語コース
10週間(約30万円)

マーティンカレッジ
サーティフィケートプログラム
15週間(約50万円)

ワーキングホリデーにオススメのプラン

オーストラリアの生活に慣れるまでは、語学学校で勉強。その後、アルバイトをしてお金を稼ぎ、帰国前に資格ゲット!

オススメ1年プラン オススメ1.5年プラン

語学学校
一般英語コース8週間(約20万円)

語学学校
一般英語コース8週間(約20万円)

アルバイトのために必要なRSA、Baristaなどの
仕事に活かせる資格を取得
(資格ひとつにつき5,000〜10,000円)

働きながら英語力UP&貯金

帰国前に資格取得!

Certificate IV in TESOL
8週間(約30万円)

滞在期間延長のためビザを切替

※ワーキングホリデービザの滞在期間が最長1年のため、帰国前にしっかり専門学校で学びたい方は、現地で学生ビザに切り替える事も可能です。

ビジネスディプロマ
半年(約75万円)

留学コラム
留学アカデミー
無料ダウンロード

語学留学にご興味のある皆様へiae留学ネットのデジタルパンフレットを無料でダウンロードしていただけます。語学留学の費用やオススメの語学学校、知っておくべき語学留学TIPSをご紹介しています。

PDFをダウンロード
留学サービスメニュー
Close
留学する学校を検索
Close
国・地域
留学の目的
留学の予算
その他
校の検索結果があります
公式ソーシャルアカウント
公式LINE 公式Instagram