あなたのお気に入りの学校
あなたのお気に入りの学校
海外進学|iae留学ネット

海外進学

海外進学とは?

文字通り、海外の大学や大学院、または専門学校に進学することを目的とした留学です。語学を学ぶためではなく、その国の言語で専門的な分野を学び、資格や学位の取得を目的とした留学です。

優れた学校があるのは日本だけじゃありません。やはり専門分野をまなぶのであれば、世界の最先端に行くべきだと思います。

音楽や美術、スポーツやグルメに至るまで、情報やトレンドは日々ものすごいスピードで更新されています。日本においてもこれらはもちろん学ぶことが出来ますが、やはりそれぞれの分野で最先端を行く地域や学校に飛び込むことが最も重要で最も賢い選択です。

海外進学で得られるものは?

一言で言うならば「グローバル経験値」でしょうか。海外はもちろん、日本国内の企業でも率先して求められているのはグローバルな現場での経験値です。文化やビジネスなどあらゆるものがグローバル化してきている中、政府も「グローバル人材」というフレーズを用いて、国際環境に対応した人材の育成に取り組んでいます。

海外進学によって経験した専門分野の習得やライフスタイルが、必ずあなたの未来の武器になるのです。

海外進学はこんな方にオススメ

学位を取得して就職・転職活動に活かしたい方

海外の大学・大学院などを卒業し、学位を取得することで、その後の就職や転職にとても大きな影響を与えます。未来に活かせる進学先をお探しの方にオススメです。

興味のある学問分野を本格的に学びたい方

音楽・アート・建築など、より専門的な分野においてレベルの高い教育を行っている学校でスキルを極限まで高めたい方にオススメです。

MBAを取得し、キャリアアップを目指したい方

MBAと一般的に略される経営学修士を取得し、国内外でのキャリアアップやキャリアチェンジに活かすことを目的とした方にオススメです。

海外進学の条件

海外の大学に進学する3つの方法

一般的な語学留学のように、簡単なテストでどこでも入学できるわけではありません。国や学校や分野によって様々な入学条件が考えられます。入学の方法は大きく分けて以下の3つです。

直接入学(学部入学)

日本国内での大学進学と同じように、高校を卒業後に入学試験を受け、直接入学する方法です。この方法では入学する1年程度前には出願書類を準備する必要があります。入学審査はすべて書類審査となりますので、高校3年間の成績や課外活動などが問われます。付け焼刃的な対策はできません。

条件は高校3年間の成績(5段階で3以上は最低必要です)、英語力、SATやACT(数学や英語の適正検査/留学先国によります)、志望動機書、推薦状などが必要です。

必要な英語力は大学レベルによもよりますが、TOEFL iBTでは最低61以上、IELTSでは5.5以上が求められます。2年制の大学で英検2級以上での出願も可能です。

気をつけるべきポイントは出願締切日が早く設定されていますので、入学年の1年以上前から英語力などの準備を始めることをお勧めします。

日本の大学からの編入

日本国内の大学在学中、または短大卒業後に履修した単位を認定してもらい、残りの卒業単位を留学先学校で取得して学位取得を目指す方法が編入です。この方法では単位認定により卒業までの期間が短くなり、出願書類も少なめとなります。

条件は大学の成績証明書(4段階で最低2.5以上)、英語力、志望動機書、推薦状などが必要です。

必要な英語力は大学レベルによもよりますが、TOEFL iBTでは最低61以上、IELTSでは5.5以上が求められます。

気をつけるべきポイントとして、日本で取得した単位がすべて認定されるわけではありません。また、認定の決定も入学後の科目登録時に履修科目のシラバス(英訳)を提出して最終決定されます。単位認定数によっては、卒業までに2~3年間かかることもあります。

留学先の学校からの編入

アメリカやカナダの2年制大学(コミュニティカレッジ)やオーストラリアの職業訓練機関(TAFE)からの4大編入を目指す方法です。費用が抑えられることや提携4年制大大学への編入が保証される制度もあり魅力です。この方法では直接入学が望めない有名4大への編入も可能となります。

条件はコミュニティカレッジやTAFEでの成績と課外活動などが審査対象となります。成績のみ良いという学生は魅力に欠けてしまいます。

必要な英語力は大学にもよりますが、TOEFLやIELTSは免除となる場合もあります。

気をつけるべきポイントはレベルの高い大学への編入も可能ですが、簡単に編入できるわけではありません。コミュティカレッジやTAFEでの成績如何になりますので、2年間の頑張りが大切です。

海外進学にはこんなものも

パスウェイプログラム

パスウェイプログラムとは直接入学よりも入学基準が緩く設定されているプログラムで、英語力強化、SAT・ACTの準備、TOEFL準備、学部基礎科目を学ぶプログラムです。

パスウェイプログラムを一定の成績で修了すると同大学の2年次への進級が保証されます。

リベラルアーツカレッジ

リベラルアーツとは小規模な大学で学部課程が中心です。一般教養課程科目を中心に勉強する大学で、教授対学生の比率も1:16程度で少人数制のクラス編成をしています。

教授の仕事はTeaching(ティーチング・教えること)ですので、リサーチ系の総合大学とは異なり教授自らが教えています。主に私立大学を多いです。

条件付き入学

条件付き入学とは出願条件の英語力のみ基準に満たない場合に出される条件付き合格で大学付属または提携校の語学学校で英語力のみ強化し、所定の英語レベルに達した時点でアカデミックコースを開始できます。

キャリアアップ留学

キャリアアップ留学とは社会人が専門知識を見つけたり、転職を図るために留学することで大学のエクステンション(生涯教育)のビジネスコースや英語教授法を学び、コース終了には現地で有給インターンができるプログラムもあります。

国別に海外進学を知ろう

アメリカ進学 イギリス進学 カナダ進学 オーストラリア進学 ニュージーランド進学 スイス進学
留学コラム
無料ダウンロード

語学留学にご興味のある皆様へiae留学ネットのデジタルパンフレットを無料でダウンロードしていただけます。語学留学の費用やオススメの語学学校、知っておくべき語学留学TIPSをご紹介しています。

PDFをダウンロード
留学サービスメニュー
Close
留学する学校を検索
Close
国・地域
留学の目的
留学の予算
その他
校の検索結果があります
公式ソーシャルアカウント
公式LINE 公式Instagram